【概要】車中泊グッズの必需品5選とおすすめ車中泊グッズ20選を、車中泊専門誌『カーネル』編集部が紹介。※2020.11.26大幅加筆しました

車中泊で快眠するならこのグッズを用意!

画像: 車中泊の必需品を紹介していこう。

車中泊の必需品を紹介していこう。

一般乗用車の車内で快適に眠るには、これから紹介するグッズを揃えるほか、そのグッズをどう使うかのテクニックも重要。下記の記事も参考に、車中泊の快眠を手に入れましょう!

それではさっそく、車中泊必須グッズを紹介!

▽こちらも要チェック!▽

車中泊の必需品1 タオル・ブランケット

画像: 車中泊の必需品のひとつが、タオルやブランケットなどの布類。

車中泊の必需品のひとつが、タオルやブランケットなどの布類。

タオル、毛布、ブランケットなど形が自在になりクッション性のある布製品は、“車中泊の魔法の道具”とも呼ばれるアイテム。その理由は、様々なシーンで役に立ち、車中泊を快適にしてくれるから!

例えば……
・倒したシートの段差解消やすき間を埋めれば、シート就寝時のフラット化にお役立ち!
・シェードやカーテンがない場合は、窓に吊るして目隠し代わり
・シェードやカーテンの内側にフリース布を垂らして二重にすれば、冬は防寒効果あり!
・寝袋に入れる/掛けるなどで防寒対策

ほかにも、シーツ代わり、枕、フロアのゴツゴツ解消などなど、実に様々な用途で使えます。人数分より多めに用意しておくのがおすすめ!

車中泊の必需品2 専用マットや銀マット

画像: マット類も車中泊で用意しておきたいグッズのひとつ。

マット類も車中泊で用意しておきたいグッズのひとつ。

寝床にクッション性をプラスし、倒したシートのフラット化を可能にしてくれるマット類。

銀マットは安価で購入でき、簡単にカットできるなど、使い勝手もよいのがポイント。エアマットは銀マットより価格が高めですが、クッション性、断熱性が優秀。車種ごとの室内に合うよう設計された専用マットも販売されています。快眠のための必需品です。

ちなみに、カーネル編集スタッフが愛用しているのは、オンリースタイルの「車中泊専用マット」。バルブを開けば自動で空気が吸入され、約10cm厚の高密度ウレタンフォームの超快適なベッドマットに。

このマットなら、シートを倒したときに生じる多少の段差も気にならないし、フロア就寝時のゴツゴツ感もまったく感じることなく快眠できます!

車中泊の必需品3 季節に合った寝袋

画像: 車中泊の必需品3 季節に合った寝袋

車内で使うなら布団よりも、コンパクトに収納できる寝袋が便利。特に冬は、登山用のハイスペックなマミー型寝袋があると保温性が高く、快適に眠れます。

寝袋ビギナーには布団感覚で眠れる封筒型寝袋もおすすめ。ゆったり感があり、温度調節もしやすいのが特徴です。車中泊する場所や季節で、適したものを選びましょう。

車中泊の必需品4 カーテン、シェード

画像: シェードやカーテンは車中泊旅の必須アイテム。

シェードやカーテンは車中泊旅の必須アイテム。

公共の駐車場などで車中泊をする際、プライベート性、安全性を高めるためにも用意しておきたいシェードやカーテン。朝日がまぶしくて目が覚める……なんてことも防げます。

DIYもできますが、既製品のほうがフィッティングの精度や性能が高くなります。すべての窓をふさいでしまうと外の様子がまったくわからなくなってしまうので、一部を開けておくのもおすすめ。

車中泊の必需品5 電池式ランタン

画像: ランタンやライトがないと、車中泊時の車内は真っ暗に。

ランタンやライトがないと、車中泊時の車内は真っ暗に。

車のルームランプも照明になりますが、照らす範囲が十分でなく、バッテリー上がりの心配もあります。なので夜間の車内を照らす照明として、電池式のLEDランタンを準備しておきましょう。

ガス、ガソリンを燃料とするランタンは、一酸化炭素中毒や火事の危険があるので、室内での使用は禁止!

This article is a sponsored article by
''.