快適な車中泊がしたいけれど、お財布が寂しい……。そんなときの心強い味方が100円均一ショップ! 品揃え豊富なのはもちろんですが、手づくり素材の宝庫で、車中泊アイテムのDIYに使えそうなものがいっぱい!「できるだけ低予算で」「見てくれもそれなりに」をテーマに、4つの車中泊アイテム作りに挑戦してみました!

総費用300円!アルミシェード

画像1: 総費用300円!アルミシェード

目隠しに加え、車内の温度調節に役立つアイテム。100均の銀マットは薄く、へたりやすいので、吸盤を利用。

材料(1枚分)
銀マット(70× 120cmを使用) …1枚
吸盤(ひもが付けられるタイプ) …6個
ひも(結束バンドを使用) … 6本
新聞紙 …1枚

つくり方
1)新聞紙をクルマの窓の大きさに合わせて切る。
2)1の新聞紙を銀マットにあて、1cmほど大きめに銀マットを切る。
3)2の銀マットをクルマの窓に合わせ、はみ出す部分を切って大きさを調節する。
4)銀マットの4隅と長辺の真ん中あたりに穴をあけ、吸盤の頭を通す。
5)吸盤の穴にひもを通す。

ポイント

画像2: 総費用300円!アルミシェード

吸盤にひもを付けると着脱がしやすいですが、外すときにうっかり銀マットを破りがちなので注意が必要。

感想
保温としては薄すぎるけど、目隠しとしては十分かも。夏場、数回の使用なら十分。窓一面で300円だから、クルマ全面だとしたら 1500円くらいかな。

総費用200円!日よけシェード

画像1: 総費用200円!日よけシェード

日差しを遮るだけでなく、車内に熱がこもるのも防止してくれるシェードをDIY!

材料(1枚分)
日よけシート(80×88cmを使用)…1枚
アルミワイヤー(太さ3mmを使用)…1本
ガムテープ…適宜

つくり方
1)アルミワイヤーを窓の大きさに合わせて曲げる。長すぎたら切って窓枠の形をつくる。
2)1のアルミワイヤーを日よけシートにあて、2cmほど大きめに日よけシートを切る。
3)日よけシートのはみ出し部分を内側に折り曲げ、ガムテープで留める。

ポイント

画像2: 総費用200円!日よけシェード

アルミワイヤーを窓の形に曲げるときは、テープで固定しながらだとやりやすい。多少のゆがみは問題なし。

感想
夏場の日差しを想定すると薄すぎる気も……? でも、軟らかい工作用ワイヤーを使ったので、窓にはめ込むだけで固定でき便利!

総費用700円!簡単カーテン

画像1: 総費用700円!簡単カーテン

パーツ同士を組み合わせるだけ! 簡単DIYで車外からの視線をシャットダウン!

材料(1セット分)
突っ張り棒(長さ85−120cmを使用)…1本
カーテンクリップ…9個
棚用の目隠しカーテン(45×88cmを使用)…3枚

つくり方
1)目隠しカーテンにカーテンクリップを挟む。
2)カーテンを付けたい場所に、突っ張り棒を設置する。
3)カーテンクリップのフックを突っ張り棒にかける。

ポイント

画像2: 総費用700円!簡単カーテン

車内の壁面はカーブしている所が多いので、うまく突っ張り棒が設置できないことも。不安定なときは「衝撃吸収パッド」などを間に挟むとうまく設置できる。

感想
突っ張り棒なので、臨機応変に取り付け場所を変えられるのが便利。今回で一番簡単でした!

総費用400円!靴ケース

画像1: 総費用400円!靴ケース

脱いだ靴を収納でき、車内を整理整頓! 足置きとしても使えるよう、すのこも付けてみました!

材料(1個分)
収納ボックス(幅37×奥行き25×高さ11.5cm〈ふた含まず〉を使用)…1個
すのこ(20×45cmを使用)…1枚
脱臭・除湿剤…1個
両面テープ…適宜

つくり方
1)収納ボックスのふたに、すのこを両面テープで貼る。
2)収納ボックスのふたの裏に、脱臭・除湿剤を両面テープで貼る。

ポイント

画像2: 総費用400円!靴ケース

脱臭・除湿剤を入れて、靴のニオイや濡れにも対応できるように。すのこは足を載せた感触もGood!

感想
靴入れとしてはちょっと微妙……? でも車内の整理整頓に役立つはず。汎用性も高そう!

まだまだ挑戦は続く……!?

画像: まだまだ挑戦は続く……!?

100均グッズでも、アイデアと工夫次第で様々な車中泊アイテムが作れそう!さらに便利で快適な車中泊アイテムが作れるよう、これからも挑戦を続けます!? みなさんの100均車中泊DIYも、ぜひお寄せください~!

※当記事は『CarNeru(カーネル) 2016年初夏 vol.29』(地球丸刊)の内容を一部抜粋、再編集したものです。

This article is a sponsored article by
''.