冬車中泊を暖かく過ごすためのテクニックを紹介。冬の車中泊の寒さ対策として重要なのは、「車の防寒」と「体の保温」。この2項目の対策をしっかりしておけば、冬の車中泊も安心だ。寒さ対策に必要なグッズやテクニックを覚えて、快適な冬車中泊を楽しもう。

対策を両立させることで、暖かな冬車中泊を実践できる!

画像: 対策を両立させることで、暖かな冬車中泊を実践できる!

冬の車中泊は「車の防寒」「体の保温」が基本かつ最重要。つまり、この2項目の対策をしっかり行っていれば、冬車中泊のハードルはぐっと下がる。

まず、「車の防寒」とは、車外からの冷え込みを阻止すること。鉄のボディと大きなガラス窓があるクルマは、なんの防寒対策もしないでいると、車外からの冷気が伝わり、車内温度がどんどん下がっていく。

次に「体の保温」。これは自分の体から発する熱を逃がさず、保持するということ。人間は100W程度の熱を発しているといわれており、自分自身を温めるのに、この熱を使わない手はない。このあたりは登山など、アウトドアの知恵やテクニックが役に立つ。車中泊は登山ほどシビアにならなくてもいいが、基本的な考え方は同じだ。

ひとつ注意したいのが、冬車中泊の寒さ対策は、車の防寒、体の保温、どちらかだけを行えばいいというわけでない。車も体も対策を両立させてこそ、快適な冬車中泊を楽しむことができる。難しいことは何もない。基本中の基本なので、各項目を参考に、暖かい車中泊旅を楽しんでほしい。

車の防寒対策の基本

鉄のボディと大きな窓。なんの対策もしないと、車内はどんどん冷えきってしまう。そうなる前に、できることはやっておこう。

1 冷気は窓からやってくる! 窓をふさぐのが最大の防御!

画像: 車中泊用シェードで人気が高いのは、断熱性に優れたアイズの 「マルチシェード」。

車中泊用シェードで人気が高いのは、断熱性に優れたアイズの 「マルチシェード」。

車の防寒対策として、必ず最初にやっておきたいのが「窓」の対策。冷気は窓ガラスから車内に伝わってくる。そこで、すべての窓の内側を断熱性の高いもので覆っておこう。

車種専用設計のシェードが優秀だが、厚手の銀マットでシェードを自作してもいい。内張り全体をフリース布などで覆ってしまうのも効果あり。

画像: 手間はかかるが安価に作れる銀マットシェード。

手間はかかるが安価に作れる銀マットシェード。

2 荷室就寝ならマットを敷いて、床冷え対策をしっかりと!

画像: 安価で気軽に買える銀マット。寝心地を重視するなら、車中泊用やキャンプ用のマットやベッドを買うのがおすすめ。

安価で気軽に買える銀マット。寝心地を重視するなら、車中泊用やキャンプ用のマットやベッドを買うのがおすすめ。

荷室フロアでの就寝は、床冷えに要注意だ。とくに商用車には鉄板むき出しのタイプも多くあり、床からの冷えに悩まされる。厚手のマットなどを敷き、しっかり床冷え対策をしておこう。

銀マットを使用する場合は、銀の面を体側にして寝ると、体の熱を反射して暖かい、という説もある(諸説あり)。

3 ステップからの冷気侵入は手荷物とビニールで防ぐ!

画像: スライドドアのステップから這い上がってくる冷気を遮断しよう。

スライドドアのステップから這い上がってくる冷気を遮断しよう。

意外と見落としがちなのが、スライドドアのステップから這い上がってくる冷気。ここも抜かりなく防寒対策をしておこう。

簡単な方法としては、大きめのビニール袋に洋服などを詰め、ステップをふさいでしまうこと。中に詰めるものは柔軟に形状を変えられる、柔らかい布類がいい。出入りの際は外す必要があるが、ビニール袋が1枚あれば身近なものを流用でき、簡単に対策できる

4 車中泊場所も 防寒を心がけて選ぶ

画像: オートキャンプ場の電源サイトを利用するのも手。屋外延長コードで電気を引き込み、電気毛布などで暖まれる。

オートキャンプ場の電源サイトを利用するのも手。屋外延長コードで電気を引き込み、電気毛布などで暖まれる。

車中泊する地域、環境なども意識すれば、防寒対策につながる。例えば環境なら、風の通り道など、直接クルマに風が当たる所は避けよう。あっという間に車が冷えてしまう。

また、夏の暑さ対策とは反対で、冬はなるべく標高の低い地域で車中泊するというのもいい。防寒を意識して探してみよう。

体の保温対策

人間は100W程度の熱を発しているといわれている。この熱を逃さず、いかに体にとどめておくかが冬車中泊を乗り切るポイントだ。保温はもちろん、効果的に体を温めるコツを紹介しよう。

1 本格的なアウトドアメーカーの厳冬期用寝袋がベスト!

画像: カーネル編集部員は、モンベルのダウンハガー#0やバロウバッグ#1を冬車中泊で使用している。

カーネル編集部員は、モンベルのダウンハガー#0やバロウバッグ#1を冬車中泊で使用している。

アウトドアブランドの厳冬期用寝袋は、冬山登山での使用にも耐えうる機能を搭載。体から発する熱を逃がさず、大きな膨らみに暖かい空気を蓄え、寒い環境でも暖眠できるようになっている。

さらに、収納性が高いのも魅力。このアウトドアで培われた技術は、冬の車中泊でも存分に活用でき、しかも安心感が高い。冬車中泊の必須アイテムとして備えておこう。

2 「重ね着」で暖かい空気の層をまとう

画像: 車内は限られたスペースなので、ダウンベストなど腕周りが動かしやすいものが便利。

車内は限られたスペースなので、ダウンベストなど腕周りが動かしやすいものが便利。

自分の体温を逃がさずに蓄える方法のひとつが、服を重ね着すること。インナーは吸湿速乾素材や発熱素材のものを着用。体から出る水分(汗)を吸い取って、汗冷えを防いだり、その水分を熱に変換したりしてくれる。

その上には、暖かい空気の層をまとえるフリースやインナーダウンを。それでも寒ければ、さらにダウンなどを着ればOK。暑さや寒さによって、脱ぎ着して体温調整を行おう。

3 「3つの首」を温めると、体感温度がアップする!?

画像: ネックウォーマーで首を温めるのも効果的。加えて、体の熱を放出しやすい頭も、ニット帽などで保温。

ネックウォーマーで首を温めるのも効果的。加えて、体の熱を放出しやすい頭も、ニット帽などで保温。

首、手首、足首の3つの「首」まわりは、皮膚が薄く、寒さを感じやすい場所。だからここを温めることで、体感温度がアップするいわれている。ネックウォーマーや足首までカバーする靴下を着用し、積極的に3つの首を温めていこう。

画像: 就寝時は、ゆるめのソックスやレッグウォーマーなどで足首の保温を。

就寝時は、ゆるめのソックスやレッグウォーマーなどで足首の保温を。

4 湯たんぽや温泉を効果的に使う!

画像: 低温やけどを防ぐために、寝袋に入り込む前に湯たんぽを、体に触れない場所に移動しておこう。

低温やけどを防ぐために、寝袋に入り込む前に湯たんぽを、体に触れない場所に移動しておこう。

湯たんぽは、就寝30分前に寝袋へ。体の大きな筋肉がある部位を狙って、寝袋のその位置に湯たんぽを置いておこう。大きな筋肉がある部分を温めると、温まった血液が体をめぐるので効果的だ。

画像: 4 湯たんぽや温泉を効果的に使う!

また、寝る前に湯につかって体を温めておくのも、暖眠のコツのひとつ。血行促進効果が高く、体が芯から温まる「炭酸泉」がおすすめ。湯上り後、体の温かさが持続する。

※出典:車中泊雑誌『カーネル』vol.42

This article is a sponsored article by
''.