冬の車中泊で寒さを乗り切るテクニックを紹介。車中泊歴20年以上の達人でクルマ旅専門家の稲垣朝則さんに、クルマ自体の防寒対策と体の防寒対策、そして凍結対策を教えてもらった。寒さを乗り切れる冬車中泊のグッズとテクニックをチェック!

クルマと体、そして凍結。 抜かりない対策が冬車中泊のコツ

画像: クルマと体、そして凍結。 抜かりない対策が冬車中泊のコツ

これからの寒い季節。車中泊で冬の寒さを乗り切るには、「クルマ自体と体の防寒対策が必須」と話してくれたのは、車中泊歴20年以上のベテランでクルマ旅専門家である稲垣朝則さん。

では具体的に、どのような車中泊グッズ&テクニックが必要なのか、「クルマの防寒対策」と「体の防寒対策」に分けて紹介しよう。

教えてくれた人:稲垣朝則さん
クルマ旅専門家。車中泊雑誌『カーネル』にて車中泊ガイド「車中泊で旅する」「車中泊で攻略する」を連載。日本全国を車中泊でめぐり、情報発信している。
http://auto-packer.com/blog/

クルマの防寒:冬だからこそ起きる事例を 想定し、対処できる アイテムを備えておく

画像: クルマの防寒:冬だからこそ起きる事例を 想定し、対処できる アイテムを備えておく

稲垣さんの愛車は、アネックス社のキャンピングカーWiz。FFヒーター完備で真冬でも暖かく過ごせ るが、いざというときの備えも怠らない。

「冬は日没が早く、夜明けが遅い。車内で過ごす時間が増えるから、夏感覚でいるとすぐに電気がなくなります。サブバッテリーが止まったら、FFヒーターも当然使えない。だからダウンの寝袋やブランケットなどを多めに用意しています。そういういざというときの備えも、冬車中泊には必要です」。

また、冬車中泊の「大荷物問題」も、収納性を高めて対策している。ちな みに稲垣さん、撮影に使ったアイテ ムは間髪入れずに丁寧に、決められた場所に片づけていく。こういうマメさも、荷物問題をクリアする秘訣であろう。

クルマの防寒対策、稲垣流4つのテクを紹介しよう。

【クルマの防寒対策1】
シェードで窓からの冷気侵入を防ぐ

画像: 【クルマの防寒対策1】 シェードで窓からの冷気侵入を防ぐ

「冷気は窓から車内に伝わります。それを防ぐには、断熱シェードで窓をふさぐのが効果的」。使用しているのは、アイズのマルチシェード。「多少、値は張るけれど、断熱性が高く、クルマの防寒対策に効果あり。愛車に長く乗るなら、買う価値は十分にあると思います」。

【クルマの防寒対策2】
FFヒーター完備だけれど、なくても過ごせる装備は必須

画像1: 【クルマの防寒対策2】 FFヒーター完備だけれど、なくても過ごせる装備は必須
画像2: 【クルマの防寒対策2】 FFヒーター完備だけれど、なくても過ごせる装備は必須

いざというときのため、装備している寝袋は、ダウンに防水加工が施されたスノーピークの「セパレ ートオフトンワイド」。使用時は、さらにブランケットを上にかけると暖かい。寝袋もウエアのように「重ね着」するのがポイント。

【クルマの防寒対策3】
冷えと汚れ対策にマットとシートを利用

画像: 【クルマの防寒対策3】 冷えと汚れ対策にマットとシートを利用

車内のフローリング床が冷えるので、ラグマットを敷いて足元の寒さ対策。ラグマットの下にはフロアシートが敷いてある。雪などで靴が濡れたり汚れたりしたままでも、ラグマットを外すだけでスムーズに車内に入れるようにしたそうだ。

【クルマの防寒対策4】
冬の大荷物問題を乗り切るには整理整頓&一石二鳥アイテム

画像1: 【クルマの防寒対策4】 冬の大荷物問題を乗り切るには整理整頓&一石二鳥アイテム
画像2: 【クルマの防寒対策4】 冬の大荷物問題を乗り切るには整理整頓&一石二鳥アイテム

寒さから逃れるため、あれこれ荷物が増えるのが冬車中泊の問題点。そのため、荷物の省力化と整理整頓を心がけている。

天井空間を生かすため、ハンギングバーにハンモックを取り付けて窓上に収納スペースを確保。重い荷物は載せられないが、州能力は格段にアップする。

食器や小物はスタッキングできるものや、ひとつでなん通りにも使えるものを持参。また荷物は小分けにしてトー トバッグにしまい、デッドスペースに収納している。

体の防寒:とにもかくにもレイヤリング! アウトドア製品×お手頃製品をMIX

画像: 体の防寒:とにもかくにもレイヤリング! アウトドア製品×お手頃製品をMIX

「車中泊ウエアの基本は重ね着。登山でよく聞く『レイヤリング』と同じ考え方ですね。でも車中泊 の場合は、そこまでシビアになら なくても大丈夫」と稲垣さん。

登山のレイヤリングは簡単にいうと、機能性の高い吸湿速乾インナー、保温素材、防寒・防風素材のウエアを重ねて着ること。汗冷えなどからくる低体温症といった体へのリスクを減少するためのものだ。けれど、運動量の少ない車中泊は、その考えをもとにした「重ね着」で十分という。

「僕の場合は素肌に発熱インナー、その上に暖かい空気をまとえるフリース。外側はさらに膨らみの大きいダウンジャケットを着用。中の 2枚は安価なものでいいけれど、ダウンは信頼性の高いアウトドア製品がいい」。稲垣さんの車中泊ウエアをチェック!

【体の防寒対策1】
基本は3アイテムの重ね着。暖かい空気の層をつくる

画像: 【体の防寒対策1】 基本は3アイテムの重ね着。暖かい空気の層をつくる

素肌に発熱・吸湿速乾インナーを着用。体の水分を吸湿して熱に変えたり、さらさらの状態にする。インナーを通して放出された熱や水蒸気は、フリースとダウンジャケットの空気の層にとどまり、体を温めてくれる。重ね着することで調整しやすく、暑さ寒さによって脱ぎ着するのがポイントだ。

【体の防寒対策2】
さらに寒いときは、頭と首もしっかり保温

画像: 【体の防寒対策2】 さらに寒いときは、頭と首もしっかり保温

体の熱を大量に放出する頭と、皮膚の近くを血管が通る首のケアもしっかりと。ニット帽やネックウォーマーで保温すれば、暖かさが保たれる。ちなみに稲垣さんいわく、「100均アイテムは、すぐヨレヨレに。ニット帽、ネックウォーマーもある程度品質のいいものを買うのがおすすめ」

【体の防寒対策3】
ダウンは信頼性の高いものを! 外用、車内用の2着を用意

画像: 【体の防寒対策3】 ダウンは信頼性の高いものを! 外用、車内用の2着を用意

「ダウン製品に関しては、良質な羽毛を使ったアウトドアブランドのものが信頼性が高く、しっかり暖かい」と稲垣さん。車内用はベスト、車外用はジャケットと使い分けている理由は、「狭い車内では、ベストのほうが腕が動かしやすい。それに袖があると、例えばペットボトルに腕が当たったことに気づかず、倒してしまうことも。ベストならそれがない。限られた空間だからこそ、こういう気遣いが必要です」

【体の防寒対策4】
低価格インナー&フリース、けっこう使えます!

画像: 【体の防寒対策4】 低価格インナー&フリース、けっこう使えます!

最近のお気に入りが、ホームセンター・コメリの「ヒートフィーリング」のインナー。湿気や汗を熱に変える素材を採用。しかも、598円! 左写真のフリースはスーパー西友にて1,000円しない価格で購入したもの。

「このフリースはかなり薄手。この薄さを求めていたんですよ。重ね着した際、動きやすくて快適です。コメリのインナーも、この安さなのにいい仕事をしてくれていると思います」

【体の防寒対策5】
体がポカポカしてくる、生姜くず湯がおすすめ

画像: 【体の防寒対策5】 体がポカポカしてくる、生姜くず湯がおすすめ

お気に入りのホットドリンクは、生姜くず湯。とろりとした葛湯に、体を温めるしょうがが配合されている。飲むと体がポカポカしてくるのだとか。

雪&凍結対策グッズの用意も必須!

画像: 雪&凍結対策グッズの用意も必須!

「冬の車中泊は暖かく寝ることも重要ですが、事故に合わないことも大切。旅の移動中、必ずどこかに峠はあるし、雪が降ることもある。いざというときに備えて、雪&凍結対策グッズは必ず積んでおくこと」。上記が稲垣さんの必需品だ。

     

★冬車中泊の寒さ対策は、こちらの記事もチェック!

   

This article is a sponsored article by
''.