「車中泊避難」に関する記事を紹介。非常時に備え、車内に用意しておきたいアイテムや車中泊避難の基本、エコノミークラス症候群の予防法などの記事一覧。
画像: 車中泊避難特集 | クルマを味方にする車中泊避難の基本や車載グッズなど

3月11日は、2011年に発生した東日本大震災から11年。

車中泊雑誌『カーネル』編集部が過去に紹介した「車中泊避難」についての記事をまとめました。
地震や豪雨などの自然災害に備え、ふだんから車の中に用意しておきたいアイテムやその使い方、被災時における車中泊避難の基本、一般乗用車で安全に寝るためのコツやエコノミークラス症候群の予防法など。被災時に車中泊避難の準備があれば、きっと心強い味方になってくれるはず。いざというときのために、ぜひご一読を。

【車中泊避難の基本】事前準備編① 自家用車の「就寝人数」を把握しておく

車中泊避難で重要なのは、「自家用車で、誰が、何人、寝られるか?」ということ。

自家用車で「寝られるか」のチェックポイントを解説するとともに、シートアレンジ別の就寝パターンとそのメリット、デメリットなどを紹介します。

災害時に役立つ! 車中泊避難用グッズ

災害時に車中泊避難するために、車に積んでおきたいグッズや使い方などを紹介。衛生用品、飲食品、睡眠グッズ、生活用品、通信グッズ、補修用品と入れ替えのポイントなどを解説。

【車中泊避難の基本】ストレスを減らす車中泊の寝方。ポイントは「水平」と「目隠し」

車中泊避難の際、できるかぎりストレスを減らして寝るための具体的な方法を解説。重要なのは体を水平にして寝ること、窓からの視線を防ぐこと。日用品を活用した方法も紹介。車中泊避難の基本を解説。

被災時の「車中泊避難の基本」シリーズ1:エコノミークラス症候群を予防する3つの鉄則

緊急時に役立つ「車中泊避難の基本」を紹介するシリーズ第1弾。エコノミークラス症候群にならないために、知っておきたい原因、症状、そして予防策を紹介。

被災時の「車中泊避難の基本」シリーズ2: 緊急時、一般車で安全に寝るための5大ノウハウ

緊急時に役立つ「車中泊避難の基本」を紹介するシリーズの第2弾。クルマに準備しておきたいアイテムや、知っておきたい寝方のコツを紹介。

 

This article is a sponsored article by
''.