車中泊の旅の途中、豪雨や台風などの異常気象に遭遇したらすべきことを紹介。「実は知らなかった」「いまさら聞けない」車中泊の素朴な疑問にお答えする連載企画。車中泊の基本にもどって解説します! 車中泊初心者のかたは参考に、ベテランのかたはおさらいがてら、CHECK!

【答え】まずは情報収拾。逃避場所に迷ったら、高速道路のサービスエリアを目指そう

画像1: 【答え】まずは情報収拾。逃避場所に迷ったら、高速道路のサービスエリアを目指そう

車中泊旅の途中で異常気象に遭遇してしまったら、予定を変更して、まずは身の安全を考えた行動をとること。

可能であれば、その地域を一刻も早く抜けたほうが、よりセーフティなのだが、状況によっては、むやみに動かないほうが安全な場合もある。

テレビやラジオ、インターネットを駆使して、情報収拾にあたり、臨機応変に対処するようにしたい。

画像2: 【答え】まずは情報収拾。逃避場所に迷ったら、高速道路のサービスエリアを目指そう

また、逃避場所に迷ったら、高速道路のサービスエリアを目指すこと。サービスエリアの施設には、様々な災害に対応できる設備が整っている。

トイレ、飲食はもとより、最悪、高速道路が通行できなくなったとしても、従業員用の通路から脱出できる。

とはいえ、大型台風や大寒波などが予想される場合は、必ず事前に情報が飛び交う。その時点で、計画を中止すべきだろう。

※当記事は車中泊専門誌『カーネルvol.27』の内容を一部抜粋、再編集したものです。

★車中泊雑誌『カーネル』最新号 vol.45 はこちら!★

This article is a sponsored article by
''.