【概要】キャプテンスタッグの定番焚き火台「ヘキサステンレスファイアグリル」の紹介。特徴や使い勝手、開発の背景、歴史、製品データ、関連製品など。2009年に発売した焚き火台で、キャンプ好きにも人気の一品。

家族で囲んで使いやすい大容量の六角形のフォルム

画像1: 家族で囲んで使いやすい大容量の六角形のフォルム

六角形の深型フォルム、軽量&コンパクト収納、そして購入しやすい価格設定で、数年前からさらに人気が上昇している焚き火台といえば、キャプテンスタッグの「ヘキサステンレスファイアグリル」だ。

広げるだけで組み立てができるシンプルな構造は焚き火初心者にも好評で、昨今の焚き火ブームもあり、ここ5年間で販売台数は3倍増だとか。

画像: 土台と炉を開いて重ね、あとは六角形のパーツを小さい順に底からセットしていくだけ。炉の高さの半分あたりを土台が支える構造なので、ぐらつくこともなく安定感もばっちり!

土台と炉を開いて重ね、あとは六角形のパーツを小さい順に底からセットしていくだけ。炉の高さの半分あたりを土台が支える構造なので、ぐらつくこともなく安定感もばっちり! 

この独特の六角形フォルムは、以前発売していたモデルを踏襲したもの。キャプテンスタッグでは2005年まで、ドラム缶をイメージした六角形の折りたたみ式焚き火台をリリースしていた。

けれど大容量で熱量も大きく、ロストルの変形を抑えることが難しかったため、やむなく廃番に。しかし六角の形状は家族で囲んで使用しやすいことがわかり、この形を踏襲した「ヘキサステンレスファイアグリル」が誕生した。

画像2: 家族で囲んで使いやすい大容量の六角形のフォルム

本体下部を細くし、投入できる燃料を少なくすることで、ロストルの変形を解消。さらに家族での使用や、一般的な40㎝の薪が入ること、持ち運びやすいサイズ感を重視して開発したそうだ。

「薪の熱による変形と持ち運びやすい重量のバランスを取るために、最適正な本体の厚さを設定するのに苦労しました」と、キャプテンスタッグ担当者。

画像3: 家族で囲んで使いやすい大容量の六角形のフォルム

外から見ると相当な深型のように感じるけれど、ロストルから開口部までの高さは約14㎝と見た目よりも浅め。というのも、ロストルから底板(灰受け)までが空洞で、そこが空気の通り道になっているから。

それでも炉の上部は余裕があり、φ25㎝までのダッチオーブンならほぼすっぽりと収まる。また安定感があるので、大きめの薪を安心して投入できるのが楽しい。

画像: ダッチオーブンを炉内にすっぽりと格納でき、ダッチオーブンと炉の間にゆとりもある。炉側面からの放熱で、ダッチオーブンを包み込むように温められるのもいい。

ダッチオーブンを炉内にすっぽりと格納でき、ダッチオーブンと炉の間にゆとりもある。炉側面からの放熱で、ダッチオーブンを包み込むように温められるのもいい。

ちなみに燃焼効率は抜群で、本体下部空気孔による煙突効果でどんどん燃える。炉の広い面から放熱するので、囲んでいると、ほかの焚き火台よりも暖かく感じた。

気軽に焚き火の醍醐味を楽しめ、付属の網でBBQもできる。そして前述したとおり、ダッチオーブン調理もできる。1台3役の焚き火台だ。

軽量で薄型、持ち運びやすい!

画像: セット内容は、本体、スタンド、底板、目皿、焼網、収納ケース。

セット内容は、本体、スタンド、底板、目皿、焼網、収納ケース。

画像: 収納ケースが標準装備。

収納ケースが標準装備。

すべてが薄型に折りたため、軽量なので持ち運びが苦にならない。収納ケースはファスナー付きというのもうれしい。口をしっかり閉じることができるので、例えばクルマに積んだときなど、灰などの飛び散りを防いでくれる。

本体下部に空気孔を設け、燃焼効率抜群!

画像: 本体下部に空気孔を設け、燃焼効率抜群!

炉に設けられた空気孔は、位置的にはロストルの5cmほど下になる。そこから空気が取り込まれ、薪がどんどん燃える仕組み。燃焼効率がかなりよく、燃え残りが少なかった。薪は多めに用意したほうがいいかも⁉

BBQ用の網も標準装備。こちらも六角形

画像: 「ヘキサ バーベキューアミ455×395mm」は1320円(税込)。

「ヘキサ バーベキューアミ455×395mm」は1320円(税込)。

BBQ 用の焼き網が付属しており、底網、ロストル同様にこちらも六角形。消耗品であるBBQ 用の六角焼き網を手に入れるなら、キャプテンスタッグのオンラインストアや、アウトドア系オンラインストアがおすすめだ。

画像: BBQ用の網も標準装備。こちらも六角形

交換用の「ヘキサグリル用目皿」(1980円・税込)、「ヘキサグリル用 底板」(880円・税込)も販売。

ヘキサ同士で相性抜群! みんなで囲みやすいテーブルも

画像: ヘキサ同士で相性抜群! みんなで囲みやすいテーブルも

六角フォルムのヘキサ ステンレスファイアグリルと相性抜群なのは、やっぱり六角タイプのテーブル。写真はCSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット<137>(2万8600円)。6分割できるテーブルだ。

キャプテンスタッグ「ヘキサ ステンレスファイアグリル」に関する主な年表

2009年5月 発売開始
2010年5月 ひとまわり小さい「ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)」が発売
2012年 「ファイアグリルテーブル」発売
2013年 「ヘキサ バーベキューアミ」の発売を開始
2017年 天然木を使用したヘキサ型テーブル「CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット<137>」発売とともに、「ヘキサ ステンレスファイアグリル」の人気も上昇
2017年12月 CSブラックラベルシリーズから、「CSブラックラベル ヘキサ ステンレスファイアグリル」発売
2019年 「CSブラックラベル ヘキサ ステンレスファイアグリル<M>」発売。目皿、底板の発売を開始
2020年 風防と灰受け、1台2役で使える「2way ウィンド スクリーン」が発売

製品データ

価格:1万3200円(税込)

使用時サイズ:約47.5×41× H30cm
収納サイズ(ケース):約57×47×6cm
重量:約3.8kg
本体・底網材質:ステンレス

画像: 製品データ

見た目は深型だが、ロストルから開口部まで約14cm。適度な深さだ。開口部は最長45cm、底
部も34.5cmとゆとりのあるサイズ感。

シリーズ、関連製品

画像1: シリーズ、関連製品

コンパクトサイズの「ヘキサ ステンレスファイアグリル(M)」 9350円(税込)。

画像2: シリーズ、関連製品

「CSブラックラベル ヘキサステンレスファイアグリル」 9350円(税込)。

画像3: シリーズ、関連製品

六角フォルムを継承した弟分「ヘキサ ステンレス カマドグリル」(1万3200円・税込)も登場。本体側面に炭の継ぎ足し窓が付いたほか、煮炊きができる調理用のゴトクが付属している。

画像4: シリーズ、関連製品

「2way ウィンド スクリーン L」(7150円・税込)は風防のほか、焚き火台の熱を前に反射するリフレクター効果が得られ、効率よく暖を取ることができる。また焚き火台の下に敷いば灰受けにもなる。

画像5: シリーズ、関連製品

スキレットやコッフェルなどで調理するなら、焚き火台の上に載せて使う「焚火ゴトクスリム(ブラック)」(3300円・税込)が便利。サイズが25cmまでのダッチオーブンに使用できる。

※こちらの記事はキャンプ雑誌『GARVY(ガルヴィ)』2021年6月号巻頭特集内「ロングセラーにはワケがある! 超定番焚き火台5モデルに迫る!」からの転載記事(抜粋、再編集あり)になります。

【問】キャプテンスタッグ

写真:中里慎一郎 
出典:GARVY2021年6月号 
編集制作:カーネル 

▶コスパ最強にして頑強。キャンプ好き絶賛のロングセラー焚き火台といえば……

▶元祖“映える”焚き火台! コールマンのロングセラー焚き火台を徹底解説!

This article is a sponsored article by
''.