【概要】車中泊で使うポータブル電源の選び方。軽キャン女子YouTuber・まるななさんが、選び方のこだわり、最適解、おすすめの車内調理器具などを解説。

ポタ電選びのこだわり① 使用する電化製品の消費電力(W)よりポタ電の定格出力(W)!

画像: ポタ電選びのこだわり① 使用する電化製品の消費電力(W)よりポタ電の定格出力(W)!

まずは、「定格出力は、ポータブル電源で使用したい電化製品で一番消費電力が大きいものを基準に選ぶ」が最重要!

一般的にポータブル電源の選び方は、

①主な使用目的
②定格出力と消費電力
③バッテリー容量
④出力波形
⑤出力端子

で、特に①と②は超重要! 

ポータブル電源のAC出力は、家庭のコンセントと同じ形状なので「コンセントが差さるものは何でも使えるのでは?」と思いがち。

一般家庭用コンセントは1500Wまで使用可能ですが、ポータブル電源は製品により異なるため、消費電力が定格出力を上回る電化製品は使用できません。

ポタ電選びのこだわり➁ 小型中型の複数使いが断然おすすめ! 

画像1: ポタ電選びのこだわり➁ 小型中型の複数使いが断然おすすめ!

ポータブル電源は「大容量のほうがよい」という風潮がありませんか? 私もそう思っていた時期がありました。

でも大容量のポータブル電源って「重い」「大きい」。家から持ち出すのも面倒だし、車内で移動させるのも腰に悪いし、狭い車内で場所をとるし……要するに邪魔!意外とストレスで、いつの間にか大容量の電源は使わなくなってしまいました。

そして気がついてしまったのです。「あれ? 小型と中型のポータブル電源でよくない?」

画像2: ポタ電選びのこだわり➁ 小型中型の複数使いが断然おすすめ!

例えば、今日は車内でPCを使うだけだから小型でOKとか、また別の日はデイキャンプだから中型で。今日は2泊の車中泊だから全部持っていこうかな。なんて小型と中型が複数台あるほうが用途に合わせて選ぶことができ、圧倒的に便利だったのです。

複数使いは用途に合わせて持ち出せるだけでなく、ほかにもたくさんのメリットがあります。

①車内、屋外での配置が自由
②出力ポートが多い
③壊れても予備がある

画像3: ポタ電選びのこだわり➁ 小型中型の複数使いが断然おすすめ!

また、使用する製品の近くに置けるので、ケーブルの取り回しも楽。それに大容量のポータブル電源1台より、複数使いのほうが差し込み口が多いので、差す所がなくて困ることはまずありません。もし出先で1台が壊れてしまっても安心です。

This article is a sponsored article by
''.