【概要】中古の軽キャンピングカー「テントむし」を購入し、車中泊旅を楽しむYouTuber・まるななさんによる徹底レビュー。購入理由、買ってよかったと思えるお気に入りポイント、気になっている点など。

「人生は一度きり」 それが中古のテントむしを購入した理由

画像: 「人生は一度きり」 それが中古のテントむしを購入した理由

「かわいいクルマ♪ 移動販売車?」

予備知識がない方の第一声は、いつもこんな感じ。以前より浸透したとはいえ軽キャンピングカー(または軽キャンパー)の一般的な知名度はまだまだ低いと言えます。

私が乗ってるクルマは軽キャンピングカーの「テントむし」。

文字通り「軽自動車」の「キャンピングカー」で、バンショップミカミが製作、販売している車両です。

「キャブコン」という形状で、軽トラックの荷台部分に「シェル」と呼ばれる居住スペースを積載している、いかにもキャンピングカーらしい見た目が特徴。

私がこのクルマを知ったのは、約15年前。

立ち読みした雑誌に「キャンピングカーの革命」と題された「テントむし」の記事を見かけ「軽自動車でこんなにかわいいキャンピングカーが存在するなんて!!」と衝撃を受けたのでした。

でも、私の経済力で購入できる値段ではありません。雑誌で買えもしないクルマたちを眺め、憧れだけを募らせていったのです。

画像: その昔はスズキ・パレットにベッドを自作し、車中泊を楽しんでいました。

その昔はスズキ・パレットにベッドを自作し、車中泊を楽しんでいました。

その後、キャンピングカーの購入は諦めてはいましたが、ソロキャンプに興味を持ち、当時乗っていた軽自動車(スズキのパレット)に車中泊ベッドを自作。

クルマで寝る楽しさと、自由度の高い車中泊旅に、はまってしまったのです。

画像: パレットの車中泊仕様。

パレットの車中泊仕様。

そして10年の月日が過ぎ……。

10年前に雑誌で見かけた憧れのキャンピングカーも、中古車として出回るようになりました。

1年後のクルマ購入に備え、ウェブで中古車情報を眺めていると、近所の販売店で「テントむし」を発見!

今まで実車を一度も見たことがなかったため、冷やかしのつもりで見学にいきました。

走行距離9万6000km。中古で安くなっているとはいえ、新車の軽自動車が買えてしまう価格。非常に悩みました……。

が、その後、わずか2日で購入に至ってしまったのです。

その最大の理由は……ズバリ!

「一生に一度くらい、こんなクルマに乗る人生を送りたかったから」

もちろん、それ以外にもこの軽キャンピングカーを選んだ具体的な理由があります。

実際に、テントむしに5年間乗っている筆者・まるななが、買ってよかった点や、気になっている点を紹介したいと思います。

This article is a sponsored article by
''.