【概要】全国各地のキャンプ場に、焚き火が原因で起きたトラブル実例とその際の対処法を聞いた。ボヤ騒ぎ、設備やレンタル品の破損、芝の焦げ、利用者からの苦情など、キャンプ場で起きた焚き火トラブル集。

焚き火を楽しむなら、その危険性もしっかり認識

画像: 焚き火を楽しむなら、その危険性もしっかり認識

キャンプでの焚き火は楽しい半面、ひとつ間違えると大きなケガや事故につながることも……。

そこで全国の有名キャンプ場に、焚き火が原因で起こったトラブルについて取材してみた。

そのときの状況やどのように対処・解決したのかを聞いたので、自分が同じことをやってしまわないように、参考にしてほしい。

芝生や草地が焦げたら、あとが大変!

画像: 芝や地面を保護する焚き火シートの利用が必須のキャンプ場も。

芝や地面を保護する焚き火シートの利用が必須のキャンプ場も。

焚き火のトラブルと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、芝生や草地サイトの焼損。焚き火台からこぼれ落ちた薪の燃えかすで芝生が焦げた、というよくある例のほか、

「脚を畳んだまま焚き火台を使ったことで芝生が焦げた」(三重県・Aキャンプ場)

「直火によって芝生が枯れてしまった」(千葉県・成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場)

といった例もある。

キャンプ中にそのような焚き火をしているキャンパーがいれば、その場で注意することもできるが、大半はチェックアウト後に気づくことが多いようだ。

そのような場合は、次に使うキャンパーが不快な思いをしないために、

「焦げが薄ければ排除し、厚い場合は掘り返して新しい土を入れる」(長野県・ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ)

「焦げ跡がひどければ砂をまく」(新潟県・Bキャンプ場)

「毎年予算を確保して芝生を補植」(茨城県・大子広域公園オートキャンプ場グリーンヴィラ)

などの改修を行っているという。

意外と多い!? ウッドデッキの火災

意外と多くて驚いたのが、コテージやキャビンなどのウッドデッキで焚き火をして、デッキを焦がすというトラブル。

「焚き火台の下に敷いたプレートの形に焦げ跡が付いた」(広島県・ACN大鬼谷オートキャンプ場)

「放置した焚き火が擬木デッキに引火。消火器で迅速に消火した」(栃木県・サンタヒルズ)

といったものから、

「キャビンのウッドデッキは焚き火禁止にもかかわらず、焚き火をしている方がいらっしゃった。お客さまは焚き火を放置して建物に入っており、隣のお客さまが連絡してくれていなかったら火事になっていたと思う」(香川県・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」)

という、驚きの大火災寸前トラブルも。キャンプ場の対応は当事者に厳重注意する、デッキ板の張り替え代金を請求するなどさまざまだ。

火の粉や燃えカスの放置でボヤ騒ぎに

画像: 火の粉や燃えカスの放置でボヤ騒ぎに

キャンプ場でボヤ騒ぎなんて、あまりないのではと思われがちだが、実際に多くのキャンプ場で起きているトラブルだ。

「火の粉が飛んで枯草に火が燃え移ってボヤ騒ぎに。消火器にて鎮火」(山梨県・Cキャンプ場)」

「火の粉が落ち葉へ引火して、コテージ下に回り危うく火事に。消火器で鎮火できて救われた」(栃木県・サンタヒルズ)

といった火の粉が原因のものや、

「お客さまが完全に消火されていない焚き火後の薪を、サイト内に放置してチェックアウト。ほかのお客さまの通報により、緑地が焦げていることが判明」(福島県・ふくしま県民の森フォレストパークあだたら)

という、焚き火の処理方法を知らなかったことが原因のボヤもある。

大きな火事にならないよう、周囲に燃えやすいものがないかを確認することや、焚き火のマナーを知っておくことが重要だ。

レンタル品の破損は泣き寝入り?

画像: 焚き火の火の粉で穴があいたポリエステル製タープ。

焚き火の火の粉で穴があいたポリエステル製タープ。

「レンタルタープへの火の粉飛散による穴あきがありました」(群馬県・北軽井沢スウィートグラス)

「火の粉が原因でラウンジチェアなど布製品の破損がありました」(千葉県・成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場)

というように、火の粉によるレンタル品の穴あきや破損も多いトラブルだ。また、

「メッシュラックで焚き火調理をしてしまい破損」(栃木県・キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原)

という、用品の使い方を知らずに起こった破損もある。これらのレンタル品のトラブルは、どのような対処がされているのだろう? 

「タープは弁償していただかず、パッチにて補修」(群馬県・北軽井沢スウィートグラス)

「お客さまからのお申し出はなく、メンテナンスの際にスタッフが気づいたのでレンタル品は廃棄」(千葉県・成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場)

と、キャンプ場側が泣き寝入りとなるケースも多いようだ。

焚き火の音、煙、臭いで苦情を受けることも

画像: 焚き火の煙がトラブルに発展するケースも。

焚き火の煙がトラブルに発展するケースも。

火災だけでなく、焚き火に関連した苦情も起こっている。例えば、

「焚き火をして遅くまで起きているお客さまの声がうるさい」(福島県・ふくしま県民の森フォレストパークあだたら)

「深夜、焚き火のはぜる音がうるさいと緊急電話を受けた」(群馬県・北軽井沢スウィートグラス)」

という騒音のトラブル。また、

「隣接サイトの焚の火がテントに近いので注意してほしい」(神奈川県・長井海の手公園ソレイユの丘オートキャンプ場)」

「生木で焚き火をしようとして煙がひどいと苦情が入った」(香川県・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」)

「焚き火でゴミを燃やし有毒な煙と臭いが漂った」(長野県・ACN 信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ)

といった直接的な被害を訴える苦情もある。こんな事例を反面教師にして焚き火を楽しむようにしたい。

我流の後始末が設備の破損につながる

画像: 焚き火の最後は正しい後始末を!

焚き火の最後は正しい後始末を!

焚き火トラブルが発生するのは、何も焚き火中ばかりではない。後始末に関するトラブルも多く発生している。

「灰捨て場に火がついたままの消し炭を入れられたため発火。水をかけて素早く消火したが、あたりはモクモクに」(栃木県・サンタヒルズ)」

というように、指定の灰捨て場で処理をしたけれど、方法が間違っていたことで火災寸前のトラブルに。また、

「焚き火の消し炭がテントサイトに埋めてあった」(長野県・ACN 信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ)」

「完全に消火していない灰を生ゴミ容器に捨てられて、プラスチックの容器が溶けた」(広島県・ACN 大鬼谷オートキャンプ場)」

など、完全に間違った処理方法で、火災やヤケドなどのケガにつながりそうになった事例もある。

焚き火の処理をする際は、キャンプ場のルールを確認すること。そして処理方法がわからなかったら、必ず聞くこと。

予想できないトラブルも! 最低限の焚き火知識は予習して!

ある程度予測できそうな焚き火トラブルが多いが、なかなか予測ができないトラブルも起こることがある。

「コテージの外で焚き火をしていたが、木製手すりとの距離が近すぎて手すりが焦げた」(三重県・Aキャンプ場)」

これは後日、修理費を請求したというが、ひとつ間違っていたらコテージは丸焼けに……。

また、焚き火のやり方を知らなかったことで起きたのが、

「コテージに備え付けのタープ下で、薪1束を丸ごと燃やしていてタープに届きそうなほど火柱が上がっていた」(三重県・Aキャンプ場)」

というもの。すぐにタープを移動して焚き火の処理を行い、お客さまに事情を聞くと、束ごと燃やすものだと思ったとのことだった。さらに、

「備え付けのガスBBQグリルの上で焚き火をした」(山梨県・Cキャンプ場)」

という人もいたという。消火器での鎮火が遅れていたら、大爆発を起こした可能性もある。初心者とはいえ、焚き火のルールやマナーは最低限予習すべきだ。

焚き火が大きくなりすぎたら、すぐに管理人に連絡を!

画像: 焚き火が大きくなりすぎたら、すぐに管理人に連絡を!

焚き火が自分の手に負えないくらい大きくなってしまったら、どうすればいいかキャンプ場に聞いてみた。

「スタッフへ連絡し、場内にある消火器で鎮火」(山梨県・C キャンプ場)」

「まわりに声をかけ、誰かに管理人へ連絡してもらう」(栃木県・サンタヒルズ)」

「管理棟に連絡してしてもらい、状況により消防へ連絡するなど対応」(香川県・国営讃岐まんのう公園オートキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」)」

「すぐにその場を離れてまわりに知らせ、大勢で多方向から消火。近寄れないほどなら、まわりの人を避難させる。クルマなど二次災害につながるものは移動し、同時に誰かに管理人に知らせてもらう」(長野県・ACN 信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ)」

など、まずはスタッフに連絡するというものが多かった。あらかじめスマホにキャンプ場の電話番号を登録しておいたり、消火器を常設するキャンプ場なら設置場所を確認しておこう。

写真:佐藤弘樹、中里慎一郎 
文:牛島義之 
出典:GARVY(ガルヴィ)2021年12月号 
ウェブ記事構成:SOTOBIRA(ソトビラ)編集部 

This article is a sponsored article by
''.