イベント「キャンピングカーファンフェス」で見つけた、車中泊の寒さ対策を紹介。みんなの防寒アイデアをチェックして、冬の車中泊の参考に。

羽毛布団で寒さは気にならない!

きらTVさん/ハイエースキャンピングカー

画像: 羽毛布団で寒さは気にならない!

FFヒーターを取り付けるか迷ったが、ビルダーからの提案もあって、ヒーターなしで使ってみることに。羽毛布団を使えば、ヒーターなしでも寒さは気にならないそうだ。

断熱材と直火OKの湯たんぽが、冬の車中泊で大活躍!

とおるんよしみん VANtuberさん/キャラバン

画像1: 断熱材と直火OKの湯たんぽが、冬の車中泊で大活躍!
画像2: 断熱材と直火OKの湯たんぽが、冬の車中泊で大活躍!

窓にしっかりと断熱材を張って、スポンジで隙間の冷気を防ぐ徹底ぶり。ポータブルバッテリーで電気毛布などを利用して、寒さをしのぐことも。

画像3: 断熱材と直火OKの湯たんぽが、冬の車中泊で大活躍!
画像4: 断熱材と直火OKの湯たんぽが、冬の車中泊で大活躍!

ルーフテントは断熱素材のカバーで囲い冬仕様。湯たんぽは鉄製をチョイスして、そのまま火にかけて再加熱する。

カーペットを敷いて、床からの冷気をシャットアウト!

うーちゃんねるさん/カービィー

画像1: カーペットを敷いて、床からの冷気をシャットアウト!
画像2: カーペットを敷いて、床からの冷気をシャットアウト!

キャンピングカーを購入してから本格的な車中泊がスタート! 床にカーペットを敷いて、下からの冷気をシャットアウト。室内の温度管理をしながらヒーターを使っている。

画像3: カーペットを敷いて、床からの冷気をシャットアウト!
画像4: カーペットを敷いて、床からの冷気をシャットアウト!

オーニング用のテントは自作。コンパクトに収納できて、保温効果は高いという。

ポータブル電源で快適な環境に

クーピーチャンネルさん/インディ727

画像1: ポータブル電源で快適な環境に
画像2: ポータブル電源で快適な環境に

軽キャンパーに乗り換えて1年。FFヒーターを装備しているので、冬の寒さはまったく問題ないという。ポータブル電源もあるので、電気毛布を使えば、ヒーターを使うこともなく快適。キャンプ好きなので、しっかりした寝袋で冬対策することも多いとか。

銀マットを使って冷気をシャットアウト!

青トレイルGTさん/エクストレイル

画像1: 銀マットを使って冷気をシャットアウト!
画像2: 銀マットを使って冷気をシャットアウト!

寒さ対策は冷気をシャットアウトすること。フルフラットにしたラゲッジスペースに銀マットを敷き、毛布を2枚、その上にシュラフを使って寒さ対策をしている。

画像3: 銀マットを使って冷気をシャットアウト!
画像4: 銀マットを使って冷気をシャットアウト!

窓にも銀マットを加工した断熱材を張り付け、冷気の侵入をしっかりと防いでいるのが特徴。

頭の向きで快適性をアップ

フクフクさん/エスティマ

画像1: 頭の向きで快適性をアップ
画像2: 頭の向きで快適性をアップ
画像3: 頭の向きで快適性をアップ

セカンドシートから後ろをフラットにして、厚めのシングル敷布団を敷き、モンベルのダウンシュラフバローバッグ#0を使用。シュラフの性能がよすぎて、暑いぐらいとも。寝るときのコツは頭をフロント側にすること。頭側が窓から遠くなることで、頭部の寒さをしのげるという。

強力な電力システムが快適な車中泊空間をつくり出す

ハーフゼロさん/クレア

画像1: 強力な電力システムが快適な車中泊空間をつくり出す
画像2: 強力な電力システムが快適な車中泊空間をつくり出す
画像3: 強力な電力システムが快適な車中泊空間をつくり出す

電気を強化したクレアエボリューションモデルをチョイスしたら、ヒーターやクーラーが標準装備されていた。なので、寒さ、暑さ対策を新たにすることはなかった。落ち着いたシンプルな室内に家庭用エアコンまで付いていて、快適な空間でのんびりと過ごしている。

テンピュールは車中泊も快適にする

匿名希望さん/レガシィ

画像1: テンピュールは車中泊も快適にする
画像2: テンピュールは車中泊も快適にする

ドライブへよく出かけるそうで、雪中であっても車中泊の基本的なスタイルは変わらないという。車中泊用に特別な装備を準備しているのではなく、自宅で使っている敷布団と掛布団を車中泊に流用。敷布団はテンピュールで、寝心地もよく、断熱効果も高いという。

自宅使いの毛布と布団を流用

HISAさん/プリウス

画像: 自宅使いの毛布と布団を流用

リアスペースが限られていて、車中泊するには大変そうだが、荷室をフラッにすれば、しっかりと寝られる状態に。寒さ対策は毛布を数枚敷いて、家用の布団で対応。まだまだスタイルが確立していないので、今は自分らしい車中泊スタイルを模索中とのこと。

写真・文:渡辺圭史
出典:カーネルvol.48 2021年冬号

This article is a sponsored article by
''.