DIYや快適アイデアで、クルマ旅を楽しむ「車中泊の達人」を紹介。今回は軽トラックをベースに、自分の会社で余剰となった建材や設備を使って快適なワンルームをDIYした達人を紹介。車中泊専門誌『カーネル』掲載の記事からピックアップしています。

愛車:ホンダ アクティ2012年式

画像: 愛車:ホンダ アクティ2012年式

亀谷さん 
●車中泊歴:2年
●主な車中泊スポット:特にはないが、一度行ってみた場所は重複しないように、初めての出会いを大事に各地へ出かけている。
●これから行ってみたい車中泊スポット:最遠方が熊本県なので、もっと南の沖縄県や鹿児島県の徳之島には行ってみたい。

会社は子どもにまかせて、悠々自適の生活を送っている自営業の亀谷さんだが、ある出来事(後述)をきっかけに、それまで子どもが使っていたクルマを自分専用車に仕立て上げたという。

車中泊ルーム前方のバンク部分に注目。走行時の風の影響を考え、フロントウインドウに合わせて傾斜をつけている。また、ルーム自体の高さは地上から2,420mmに抑えているのだが、関係各所に問い合わせてこの数値に決まったとのこと。

住宅用の設備・建材でDIY。取り外しも自在

熊本県で起きた震災で、多くの人が車中泊で避難生活を余儀なくされていることに心を痛めて、ボランティア活動に出かけたという亀谷勝信さん。

家族の使用していた軽トラをベースに、荷台に車中泊ルームを製作。でき上がると、ただちに現地へ。「軽トラなら身近にあるし、すぐにできると思って作った」そうで、現地の人には参考にしてほしいという思いもあった。

仕事柄、設計・建築は得意で、細部まで綿密に作られている。驚きなのが、設置や取り外しも容易なこと! 荷台へ「載せている」ので、フォークリフトを使って簡単に降ろすことができるのだ。

荷室サイズから部屋の大きさを設計

画像1: 荷室サイズから部屋の大きさを設計

おおまかな長さを割り出した設計図。当初は2段ベッドとし、ギャレーなどの構想もあった。ちなみに荷台の長さは標準で1,940㎜。そこから室内の長さを設定している。

画像2: 荷室サイズから部屋の大きさを設計

室内の高さや地上からの高さも、この時点で決めている。

寒さ、暑さ対策も完璧! 設置・取り外しはフォークリフトでお手軽!

画像1: 寒さ、暑さ対策も完璧! 設置・取り外しはフォークリフトでお手軽!

内装には断熱材を埋め込んで、暑さ寒さ対策も完璧。

画像2: 寒さ、暑さ対策も完璧! 設置・取り外しはフォークリフトでお手軽!

ベニヤを張り付け。ベニヤは自身と一緒に体重計に乗せて一枚ずつ計量。そして、床下の構造に注目。

画像3: 寒さ、暑さ対策も完璧! 設置・取り外しはフォークリフトでお手軽!

床下を中空にしたことで、フォークリフトで簡単に設置・取り外しができるのだ。

画像4: 寒さ、暑さ対策も完璧! 設置・取り外しはフォークリフトでお手軽!

室内へ乗り降りするときは脚立を使う。リアとサイドゲートには、縞鋼板のステンレスを使用。カラビナとチェーンを使って、ゲートを開いたままで固定できる。

あちこちにナイスなDIYアイデア!

画像1: あちこちにナイスなDIYアイデア!

ドアは住宅用の建材を採用。重量が軽い製品ということもあり、操作性も良好。開口部も広い。

画像2: あちこちにナイスなDIYアイデア!

ドアにはクローザーを装着。ストッパーが付いているので開放・固定することもできるのだ。

画像3: あちこちにナイスなDIYアイデア!

室内の左右には小窓があり、網戸が付いた住宅用のサッシを導入。滑り出しタイプの窓は上に開くので、雨の日も便利。

画像4: あちこちにナイスなDIYアイデア!

室内には外気導入の換気口を設定。

画像5: あちこちにナイスなDIYアイデア!

外壁には木材を使って自身の名前のロゴを装着。家のデザインがかわいらしい!

軽量化には苦心! -30㎏もダイエット

車中泊ルームには住宅用の建材を惜しみなく使用。外壁は耐候性に優れたガルバニウムを採用し、内装はベニヤ板に落ち着いた色合いの壁紙を組み合わせている。

ちなみに室内の高さは1,800㎜もあるので、移動も余裕。寝る場所と自転車置き場の広さも、ほどよいスペースだ。

この車中泊ルームを製作するのに、一番苦心したのが重量。「荷物扱いなので積載重量は守らなければならない。製作した当時は想定重量から30㎏も超えていたけど、外装の厚さを薄いものに変更。入り口のドアもガラスからプラスチックに変えて大幅に軽量化を施した」とのこと。

室内高1,800㎜でゆとりの広さ

画像1: 室内高1,800㎜でゆとりの広さ

室内の高さは1,800㎜以上あるので、着替えなども余裕でこなせる。寝床のマットはニトリ製で、リクライニングの角度が調整できるタイプ。

画像2: 室内高1,800㎜でゆとりの広さ

腰に持病があるというので、電動マッサージ器を常備する。

快適装備も抜かりなし!

画像1: 快適装備も抜かりなし!
画像2: 快適装備も抜かりなし!

近所の量販店にて購入した1800円の車載用冷蔵庫はコストパフォーマンス最強! 落下防止のためゴムバンドが装着されている。中身は意外と大容量!

画像3: 快適装備も抜かりなし!

棚もコンパネにアングル材を付けたシンプルなもの。

画像4: 快適装備も抜かりなし!

DVDプレーヤーを設置。車中泊時はお気に入りのDVDを見て過ごすという。下は別体のスピーカー。

画像5: 快適装備も抜かりなし!

インバーターとイルミが付いた別体のスピーカー。スピーカーの前には各機器のON/OFFスイッチ。

画像6: 快適装備も抜かりなし!

釣り竿。海辺の近くでは釣り糸を垂らすこともあるという。

画像7: 快適装備も抜かりなし!

アウトドア用のテーブルと調理器具なども備える。

画像8: 快適装備も抜かりなし!
画像9: 快適装備も抜かりなし!

実は床は大理石。大理石のパネルの下には12mmの合板が敷いてあり、さらにその下にプラスチックのパネルを敷いて剛性を確保している。

ルーフには定番アイテムのソーラーパネルを設置!

画像1: ルーフには定番アイテムのソーラーパネルを設置!

ルーフにはソーラーパネル。小型サイズながら100wで電気まわりに不足なし!

画像2: ルーフには定番アイテムのソーラーパネルを設置!

ウェブで人気のコントローラー。ソーラーからの電気をバッテリーへ配電。

画像3: ルーフには定番アイテムのソーラーパネルを設置!

ワニ口で充電。ふた口あるのはシガーからも走行充電しているため。

今後は作り方を指南してみたい!

外壁で2日、トータルでは3日で製作(!!)したというスピード仕上げだった車中泊ルーム。費用は外壁が高価だったものの、トータルで約30万円程度で済んだというからさらに驚き! 

亀谷さんは、今回の車中泊ルームを製作・完成したことで、あるプランを思いついたそう。それは「軽トラックを所有する人たちに、車中泊ルームの作り方を教える」という構想で、ここで紹介する電気まわりのDIYや建屋の建築方法など、緊急時に活用できるものの作り方を指南したいと話してくれた。

出典:カーネル vol.38 2017冬号

▼カーネルvol.48 2021冬号 2020年12月9日発売!▼
(Amazonの販売サイトに移動します)

画像: 今後は作り方を指南してみたい!

This article is a sponsored article by
''.