MYSミスティックのキャンピングトレーラー「レジストロ クコ」を紹介。普通免許でけん引ができるうえに、軽量だから軽自動車でもけん引OK。コンパクトでレトロモダンなトレーラーに注目だ。

バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

画像1: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

レジストロシリーズに新たに追加されたキャンピングトレーラー。トレーラーというと「けん引免許が必要でしょ?」と聞かれることが多いが、トレーラーの重量が750㎏未満であれば、普通免許でけん引ができる。

といってもヘッド車(けん引車)はどんなクルマでもいいわけではない。トレーラーが重ければ、それなりの大きさ、重量のあるクルマでなければ安全にけん引することができない。

画像2: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

それがレジストロ・クコの場合、総重量が480㎏。軽自動車でもけん引できるコンパクトなトレーラーである。

ボディ外装にサイディングを利用するなど軽量化を図って、車両重量をわずか480㎏に抑えた。軽量であるからこそ、ヘッド車が軽自動車でも無理なくけん引できるトレーラーになっている。

画像3: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

全長約3.5mで、見た目もかわいらしい。車内に一歩足を踏み入れるとレトロな雰囲気の壁紙や木目を生かした家具が目に飛びこんでくる。

画像4: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

キッチンの1口コンロ付きのシンクはオプション装備。下段は収納スペースだがオプションで冷蔵庫を装備可能だ。

画像5: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

トレーラーはエンジンがないため室内をすべて居住空間として利用できるので、空間効率がよく、レジストロ・クコの場合、バンコン並みの室内空間といえるだろう。ショー会場では軽キャンパーとセットになっていて来場者の注目を集めていた。

画像6: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

車内には4人が着座可能。ダイネットソファに座ると、レトロモダンなインテリアでリラックスできる。ベッド展開すれば1,800×1,640㎜のベッドスペースになり3人が就寝OK。

画像: カウンター上部のオーバーヘッドキャビネットはあると便利なオプション装備。

カウンター上部のオーバーヘッドキャビネットはあると便利なオプション装備。

車内の装備はシンプルであるが、必要な装備は自分のキャンプスタイルに合わせてオプション装備として付けることができる。

画像: 吸排気ができるファンタスティックファンはオプション。

吸排気ができるファンタスティックファンはオプション。

画像7: バンライフ的インテリアでリラックス間違いなし

こんな人にオススメ!

軽自動車でもけん引できるトレーラーを探している人にピッタリ。高速道路での利用料金はワンランク上の普通車扱いとなり、長距離移動の旅をする人にとってはさらにメリットがある。

レジストロ クコ 2,398,000円(税込・スタンダードパッケージ)

■車両サイズ/全長3,525×全幅1,700×全高2,240mm ■車両重量/480kg ■標準装備:サブバッテリー(1個)、スライドウィンドウ(網戸付き)、ダイネットソファー(ベット)、ダイネットテーブル(脱着式)、収納庫(ソファー下&シンク下)、ミラフォーム断熱、電圧計、4連集中スイッチ、ステンレスシンク、小型カセットコンロ、エントランスドア ■オプション/サークルウィンドウ、ファンタスティックファン、コンバーターほか

【問】MYSミスティック(双葉店) ☎055-267-7600 

写真・文/浅井祐一
出典/カーネルvol.45 2020 春号

★その他の軽キャンピングカーの記事はこちら ↓ 

カーネル vol.47 2020秋号、好評発売中!

This article is a sponsored article by
''.