ATV群馬の軽キャンピングカー「ブギーライダー」を紹介。日産自動車の軽商用車「クリッパー」をベースに、外観は個性的にカスタム、内装はオプション多彩なキャンピングカー仕様に! 通勤や買い物まで使える、お洒落な軽キャンピングカーとなっている。

これからの軽キャンパーは、機能だけでなく外見にもこだわる

画像: テーブル(50,000円)は、車内でも車外でも使用可能。

テーブル(50,000円)は、車内でも車外でも使用可能。

ミニバンの車中泊仕様車は別として、多くは商用バンやトラックシャシーをベースにしているキャンピングカー。

それゆえにエクステリアで個性を出すというのは、意外と難しかったのだが、これまでのキャンピングカーのセオリーを打ち破った一台が登場した。

★その他の軽キャンパー記事をチェック!★

ATV群馬が発表した軽キャンパー「ブギーライダー」

画像: 写真にはオプションのサイドキャビネットが装着されているが、寝るときの快適性を求める人はベッドのみで。ベッドキットは標準装備だ。身長の高い大人でも余裕で寝られる長さを確保。

写真にはオプションのサイドキャビネットが装着されているが、寝るときの快適性を求める人はベッドのみで。ベッドキットは標準装備だ。身長の高い大人でも余裕で寝られる長さを確保。

ATV群馬がジャパンキャンピングカーショー2019で発表した軽キャンパー「ブギーライダー」は、これまでの概念を覆すモデルだ。

日産クリッパーをベースにした同モデルは、外観を完全カスタム。それもそのはず、軽自動車のカスタマー「ブロー」とコラボレーションしてつくり上げたのだ。

画像: リアゲートもスクールバス風にカスタム。

リアゲートもスクールバス風にカスタム。

同社が得意とするアメリカのスクールバスをモチーフにしたドレスアップは、街ゆく人の目を引くこと間違いなしだ。

画像: 飾り天井付きフリップダウンモニター(110,000円)は、間接照明とダウンライトが付いている。車内をムーディに演出。

飾り天井付きフリップダウンモニター(110,000円)は、間接照明とダウンライトが付いている。車内をムーディに演出。

もちろん外観だけではない。中身はATV群馬が手がけた、機能性抜群のキャンピングカー。ミニマルな機能をギュッと詰め込み、スペース効率と使い勝手のよさを両立させている。

画像: ATV群馬が発表した軽キャンパー「ブギーライダー」

後部座席を倒して使うベッドは、182㎝の長さを確保。身長のある人でも、余裕で寝られるサイズだ。

テーブルやベッドマットを外せば、スペースユーティリティはほぼ軽バンと一緒。レジャーや買い物など、実用的に使えるのがうれしい。

「軽キャンパーは見た目の色気がない」とは、もう言わせない!

★関連記事もチェック!★

画像: 荷物の積載や調理に便利なオプションのサイドキャビネット(220,000円)。

荷物の積載や調理に便利なオプションのサイドキャビネット(220,000円)。

こんな人にオススメ!

軽キャンパーは欲しいけど、商用バンのままではイヤ。かといって、ひとつひとつのパーツのモディファイは面倒……という人は少なくないはず。コンプリートカーで販売されている同車なら、買ったその日から満足度100%!

ブギーライダー 3,054,000円~(税別)
■ベース車両/クリッパー ■車両サイズ/全長3,420×全幅1,475×全高1,895㎜ ■主要装備/ベッドキット、カーナビ、ETC、バックカメラ、ブギーライダーフェイスキット、ブギーライダーリアキット、ブギーライダーリアゲートパネル、ブギーライダーヘッドマーカー、ブギーライダー外装キット塗装、ブギーライダー強化ダンパー

【問】ATV群馬/ブギーライダー ☎027-372-6800

写真・文/山崎友貴

★カーネル最新号 vol.46 はこちらから!★

This article is a sponsored article by
''.