北海道といえば、爽やかな気候と“規格外”の雄大な景色、そして格安な料金で長期滞在できるキャンプ場など、車中泊愛好家にとって魅力たっぷりのスポット。そしてもう一つの醍醐味が、マイカーで絶景ロードを走ること!
2017年7月に刊行した『CarNeru(カーネル)特選! 車中泊コースガイド 北海道一周&ベストルート』(地球丸刊)から、マイカーで旅したからこそ味わえる、北海道の絶景ロード4点を紹介します!

1.中標津 北19号(ミルクロード)

画像1: 1.中標津 北19号(ミルクロード)
画像2: 1.中標津 北19号(ミルクロード)

「ミルクロード」の名で親しまれている一直線のアップダウン道路は、1980年代に「ミツバチ族」と呼ばれたライダー達から、こよなく愛されてきた道のひとつだ。道内にはほかにも似たような道はあるが、やはりここは別格だろう。開陽台の展望所から望む雄大な地平線とともに、北海道らしさを堪能しよう。

2.パッチワークの路

画像1: 2.パッチワークの路
画像2: 2.パッチワークの路
画像3: 2.パッチワークの路

CMが撮影された「ケンとメリーの木」や「マイルドセブンの丘」がある、 美瑛の大農場エリア。パッチワーク状に広がる大きな畑の間を走る農道は、いつしかそう呼ばれるようになった。ここではゆっくりクルマを走らせ、眺めのよい場所を自ら探そう。名のある木は、空と大地を借景に遠目から見るほうがいい。クルマは、農作業の邪魔にならない場所に止めよう。

3.美幌峠

画像1: 3.美幌峠
画像2: 3.美幌峠

下の写真は、道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠の展望所から見える景観だが、そ れ以上に素晴らしいのが、美幌峠から国道243号を摩周湖方面に下る際に、車 窓から見える風景だ。あまりの雄大さに、まるで屈斜路湖にダイブするかのような錯覚に陥る。

4.知床横断道路

画像1: 4.知床横断道路
画像2: 4.知床横断道路
画像3: 4.知床横断道路

知床半島のウトロと羅臼を結ぶ、約24キロの観光道路。世界自然遺産を縫うように横断するこの道からは、ガスで刻々と表情を変える羅臼岳を筆頭に、根 室海峡の国後島、オホーツク海に沈む夕陽、さらには手つかずの森に棲む野生動物達の姿が見られる。おすすめの時間帯は早朝で、羅臼側には雲海が湧くこともある。

クルマ旅の聖地は、北の大地にあり!
『CarNeru(カーネル)特選! 車中泊コースガイド 北海道一周&ベストルート』好評発売中!

画像: クルマ旅の聖地は、北の大地にあり! 『CarNeru(カーネル)特選! 車中泊コースガイド 北海道一周&ベストルート』好評発売中!

「広大な大地を、いつか、のんびりと旅してみたい……」
旅&アウトドア好きなら誰もがあこがれる北海道。車中泊ポイントも多数あり、クルマで旅するにはぴったりの環境が整っている。そんな北海道のおすすめルートを掲載するとともに、実践的なお役立ち車中泊スポットを紹介する一冊! 北海道一周岬めぐりの旅や名所めぐり、おすすめ車中泊スポット127カ所の紹介など、北海道車中泊旅の魅力が満載!

※当記事は『CarNeru(カーネル)特選! 車中泊コースガイド 北海道一周&ベストルート』(地球丸刊)の内容を一部抜粋、再編集したものです。

This article is a sponsored article by
''.