「実は知らなかった」「いまさら聞けない」車中泊の素朴な疑問にお答えする連載企画! 車中泊の基本にもどって解説します! 車中泊初心者の方は参考に、ベテランの方はおさらいがてら、CHECK!

【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

画像1: 【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

自由だからこそ、計画によって旅の成否が大きく異なるのが車中泊。注意すべ きは、自由=成り行きまかせとは異なるという点だ。

もっとも、何時までに○○ ○に到着して、何時までに△△△をして……と、ガチガチに計画を練る必要はな い。ある程度、柱となる計画を立てておくこと、そして利用しようとしている施 設の営業時間や定休日は、しっかりと事前に調査しておくこと。さらに可能なら、車中泊をする場所は、明るいうちに見ておいたほうが無難なので、それぐらいの余裕をもった計画にしておくと、よりベターといえるだろう。

画像2: 【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

では、実際に計画を立てる際に、まず基準となる項目は何か? それはやはり 移動時間だ。特に一日で何カ所かをまわる場合、その途中の移動時間を読み違え ると、計画そのものを変更しなければならなくなるおそれが生じる。まずは1日 に訪れる目的地と、そのルート、そして移動時間を把握すること。ここで無理な 計画を立ててしまうと、結局、「なりゆき」と変わらなくなってしまう。バラン スを考えて計画を練ることが大切だ。

画像3: 【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

さらに、目的地での朝の行動開始時間を何時に設定するかでも、計画は大きく 変わる。朝イチで訪れようとしていた博物館の開館時間が9時だった場合、宿泊していた駐車場からの移動時間を加味して、何時に起床するか? そのために何時に就寝するか? といった逆算ができる。山登りでいえば、ロープウェイやケーブルカーの始発時間に合わせて、朝のスタートを決めるイメージだ。

画像4: 【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

とはいえ、状況に合わせた臨機応変な計画変更も大切。大渋滞で予定より移動 時間が長引いてしまい、その遅れを取り戻すために、寝不足での運転やスピード の出し過ぎは、かえって危険。そういった意味では、余裕をもったプランニング はもちろんのこと、アクシデントがあった場合の代替え計画を、大ざっぱでいい ので考えておくといいだろう。

画像5: 【答え】まずは移動時間と距離の把握。そして体力や時期も考慮しよう

※当記事は車中泊専門誌『カーネルvol.27』の内容を一部抜粋、再編集したものです。

http://www.chikyumaru.co.jp/mag_detail/8-514/

This article is a sponsored article by
''.