【概要】ジャパンキャンピングカーショー2024(JCCS2024)特集。「オーエムシー」の概要や注目キャンピングカー、工場見学などの紹介。

★ジャパンキャンピングカーショー2024特集|SOTOBIRA

「オーエムシー」とは

「見た目の豪華さよりも実際の使い勝手」を最優先に、自社工場で一貫生産を行い、バンコンを得意とするビルダー。現在はハイエース・キャラバンをベースに9モデルをラインアップ。多彩なレイアウトに、家具の色やシート生地も選べ、さまざまなユーザーのニーズに応える。

展示場ではそれぞれのモデルに実際に触れてみたり試乗できるほか、すぐ近くの自社工場(第一工場・第二工場)も見学できる。家具の製作や縫製作業、断熱施工に電装系の取り付けなど、丁寧に作られる過程を自分の目で確認できるのは社会科見学さながらで楽しいだろう。

ベース車には個体差が若干あるため、家具についても量産ではなく1台ずつ実車に合わせて微調整しながら製作。このためフルオーダーならではの、走行中のきしみ音が出ない車両製作を実現。

また、家具などに使われる部材にもこだわり、耐久性や防汚性はもちろん、抗菌やシックハウス対策についても配慮がなされている。このように丹精を込めて、長く使える一台に仕上げられている。

■ブース:S-18(ホール2) 

2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!

画像1: 2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!
画像2: 2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!

日産・キャラバンSL標準幅に、温水シャワーを搭載したフル装備キャンピングカーが登場。

画像3: 2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!

対座シートのすぐ後ろには冷蔵庫、電子レンジなどが設置してあるので、食事をするときにとても便利! またリアの右側にはシンク、ポータブルトイレなどがあり、左側には温水ボイラーとタンクが設置される。

画像4: 2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!

そして、リアのフロアには床下収納が装備されている。床下収納から天井までは約1800mmあるので、床下収納に立って、大人がゆったりシャワーを使える。また、ペットの足を洗う際、だっこをしないで床下収納で遊ばせながら、洗うことができるのも大きなポイント。

画像5: 2024年の新作はキャラバンSL標準幅がベース!

ダイニングには、オプションで車載用クーラーを設置できる。

製造工程が見られる! 工場見学も可能

画像: 製造工程が見られる! 工場見学も可能

「キャンピングカーはどうやって作られているの?」と思うなら、ぜひ一度は足を運びたい工場見学。家具製作、ベッドなどの縫製、キッチン回りや照明類、電装系の取り付けなどプロの仕事を間近で見ることができるほか、使われる部材なども確認できるので、キャンピグカーがより身近な存在に感じられるだろう。

【問】オーエムシー

〒208-0023 東京都武蔵村山市伊奈平5-40-1
042-520-6440
info@omc-camper.co.jp

This article is a sponsored article by
''.