【概要】「ジャパンキャンピングカーショー2022(JCCS)」特集。出展社や新作・注目キャンピングカーや製品などをピックアップ。こちらではスマイルファクトリーを紹介。

普段使いしやすい軽キャンピングカーを生み出す

画像: 普段使いしやすい軽キャンピングカーを生み出す

キャンピングカーは家具類や電装品などを装着することで、どうしても車重が増加。さらに、ベース車両の多くは商用車ということもあり、どうしても乗り心地が乗用車よりも劣る。

同社では乗り心地を劇的に改善するキャンピングカー専用のサスペンション「キャンサス」シリーズを開発。

さまざまな車種に対応しており、積載物を含めそれぞれのタイヤにかかる荷重なども考慮し、最適なサスペンションを提案してくれる、まさに足まわりのプロショップ。

画像: ポップアップルーフはフレーム構造により自立できる設計。横開き式により高さと広さのある空間を実現。トラベラー2以外に3や和にも装着が可能。

ポップアップルーフはフレーム構造により自立できる設計。横開き式により高さと広さのある空間を実現。トラベラー2以外に3や和にも装着が可能。

軽キャンピングカーでは定番の「オフタイム」シリーズを製造。現在はエブリイベースの「オフタイム・トラベラー2」「オフタイム・トラベラー3」「オフタイム・和」と、ジムニーベースの「オフタイム・クロスロード」の4モデルをラインアップ。

最新モデルの「オフタイム・トラベラー2 ポップアップルーフ」は、欧州車に見られた横開き式のポップアップルーフを国内初採用(特許出願済み)。

ルーフ内の高さは1mほどと、開放感は抜群。フロアのベッド展開と合わせ、4人での就寝ができるほか、車上からの見晴らしも良く、星空観察などにも最適なモデル。

エブリイベースは旅のスタイルに合わせ3モデルをラインアップ

同じエブリイでもキャラクターは三者三様。「オフタイム・トラベラー2」はキャビネットをとことんスリム化して就寝スペースをたっぷり確保。断熱処理はもちろん、上部やベッド下収納、テーブルや照明など充実の標準装備群が特徴。

「オフタイム・トラベラー3」は荷物置きやテーブルとしても活用できる上段ベッドが装備され、ファミリーでの就寝やふたり旅でも上下に分かれて寝ることができる仕様。

「オフタイム・和」は荷室左側にシンクやテーブル内蔵のキャビネットを搭載した本格モデル。全モデル、ベーシックパック以外に電装系が充実したフルパックグレードも用意している。

ポップアップルーフはフレーム構造により自立できる設計。横開き式により高さと広さのある空間を実現。トラベラー2以外に3や和にも装着が可能。

オフタイム・トラベラー2 OFF TIME TRAVELER 2

画像1: オフタイム・トラベラー2 OFF TIME TRAVELER 2
画像2: オフタイム・トラベラー2 OFF TIME TRAVELER 2

上部収納庫とベッド下に収納スペースがあり容量も十分。シンプルにまとめた室内も好印象。移動式テーブルが備わるほか、ひとり旅用に片側のみベッド展開もできる。

オフタイム・トラベラー3 OFF TIME TRAVELER 3

画像1: オフタイム・トラベラー3 OFF TIME TRAVELER 3
画像2: オフタイム・トラベラー3 OFF TIME TRAVELER 3

上段ベッドを装備し、デスク代わりや荷物置き場として使用できる。ふたり旅でも上下別々で寝ることができ、個々の就寝スペースが広くとれるメリットもある。

オフタイム・和 OFF TIME 和

画像: オフタイム・和 OFF TIME 和

木目を生かした家具類に抹茶色のベッドマットなど、和風テイストを感じさせる作り。左キャビネットに備わる蛇口は引き出し式シャワーとしても利用できて便利

ジャパンキャンピングカーショー ブースS-16
スマイルファクトリー
〒698-0041 島根県益田市高津町ロ28-1
☎0856-32-0567

This article is a sponsored article by
''.