【概要】森 風美さんの車中泊キャンプスタイルを紹介。ホンダ・バモス ホビオの車中泊装備やDIYのポイントなど。
画像: 車中泊女子・森風美さんの軽バンキャンプスタイル!バモス ホビオをおしゃれにDIY

森風美さんプロフィール

画像: 森風美さんプロフィール

もり ふうみ

アウトドアが大好きなキャンプ女子。いろいろなメディアでキャンプ情報を発信し、女性向けアウトドアWebメディア「なちゅガール」の編集長を務める。初の著書『はじめよう! ソロキャンプ』(山と溪谷社)も好評発売中。

愛車はホンダ・バモス ホビオ

画像1: 愛車はホンダ・バモス ホビオ
画像2: 愛車はホンダ・バモス ホビオ

ホンダの古いクルマ、ステップバンの形が好きだったという森さん。このホビオを見て一目惚れ。大きなフロントグリルがレトロな雰囲気を出す。

リアゲートを開けてオープンキッチンに

画像1: リアゲートを開けてオープンキッチンに

リアゲートを開けて、テーブルをセットすれば、キッチンが完成する。ウォータージャグ、コンロが載っているテーブルは森さんの自作。脚の長さを調整して、片持ち式でリアゲート部分にちょうどよく収まるようになっている。室内のテーブルも使えば、外と車内がつながり、広々としたキッチンスペースが生まれる。

画像2: リアゲートを開けてオープンキッチンに

室内のテーブルの向こう側にキッチンがあるので、その連続性が車内に自然を取り込んでいるような錯覚に。車内から見える景色でも癒やされる効果があるようだ。

画像3: リアゲートを開けてオープンキッチンに

キャンプサイトで見かけた吊り下げ式テーブルを自分のクルマにも取り付けたいと自作した。歩いている時など、ドリンクや小物を置ける高い位置が使いやすいという。

ホビオの雰囲気に合わせつつ実用を兼ねたDIYとアイテム

画像1: ホビオの雰囲気に合わせつつ実用を兼ねたDIYとアイテム

かわいらしいインテリア小物があふれている車内。そんななか、寝袋などは本格的なアウトドア用が収納されているのが特徴的。

画像2: ホビオの雰囲気に合わせつつ実用を兼ねたDIYとアイテム

室内の照明は小さなLEDランタンを複数使って、自分がいる場所に合わせて、フックなどに吊り下げて使っている。

画像3: ホビオの雰囲気に合わせつつ実用を兼ねたDIYとアイテム

セーターの横に掛かっているランタンはBushcraft&Campingびよりのシェードを装着。

寒さ対策も万全! ベッドメイク

画像1: 寒さ対策も万全! ベッドメイク
画像2: 寒さ対策も万全! ベッドメイク

1人用マットレスの上にエアウィーヴのマットレスを重ね、厚めのダウンシュラフを使っている。

画像3: 寒さ対策も万全! ベッドメイク

寒さ対策では、足先が冷えるので、冬場にテントで使うダウンのテントシューズを履いている。そして、ポータブル電源で敷き電気毛布を利用。

画像4: 寒さ対策も万全! ベッドメイク

これで、寒い冬でもでポカポカ。アウトドアと車中泊をミックスしたような対策が森さんらしい。

ゴロンと横になれば車内シアターが開演!

画像1: ゴロンと横になれば車内シアターが開演!

長い夜は車内で映画を見ることも多いという。プロジェクターはアンカーの「AnkerNebula Capsule II R2-D2 Edition」。

画像2: ゴロンと横になれば車内シアターが開演!

小さいボディながら光が強いので、スクリーンを使わなくても、天井のウッドで十分だそうだ。

DIYした折りたたみ式テーブルは脱着式で取り外し可能

画像1: DIYした折りたたみ式テーブルは脱着式で取り外し可能

テーブルの高さは森さんにピッタリ。天板の奥には小さなカウンターが付いていて、小物を載せられるようになっている。小さなテーブルではスペースを効果的に使える構造ともいえるだろう。

画像2: DIYした折りたたみ式テーブルは脱着式で取り外し可能

リアサイドに取り付けられたテーブルは折りたたみ式のL字アングルを使って、使わないときはテーブルトップを倒しておくことができる。普段はテーブル下にポータブルバッテリーを置き、天板を出した状態。

画像3: DIYした折りたたみ式テーブルは脱着式で取り外し可能

テーブル全体はボディに引っ掛けてあるだけなので、完全に撤去することもできる。

ピクチャーフレームとなったアンティークな飾り窓

画像1: ピクチャーフレームとなったアンティークな飾り窓

リアサイドウインドウに取り付けられた窓枠が車内の印象を大きく変える。まるで山小屋の中から外を眺めているようだ。リネンのカーテンが雰囲気を出している。

画像2: ピクチャーフレームとなったアンティークな飾り窓

窓枠は簡単に取り外すことができる。リアサイドウインドウのフチ部分がガラスを押さえるようになっていて、そのくぼみにうまくハマるように設計されている。

画像3: ピクチャーフレームとなったアンティークな飾り窓

窓枠をとめているのは強力な磁石。木に接着剤で取り付けてある。枠自体の重量も軽いので、走行中に外れることもない。

画像4: ピクチャーフレームとなったアンティークな飾り窓

リアサイドのキャビネットは右側が本棚になっている。木の棚を作って、アイアンバーを取り付けた。小物のハンガーとしても利用できる。

4名乗車もできて、簡単に車中泊レイアウトへ

画像1: 4名乗車もできて、簡単に車中泊レイアウトへ

シートはアウトドアライフスタイルショップ「7th E-Life」のオーダーメイド。天井のフロント側にフックを取り付け、カーテンや小物を掛けている。

画像2: 4名乗車もできて、簡単に車中泊レイアウトへ

オーダーしたシートカバーはレザーとコーデュロイ生地を組み合わせてある。こうすることで滑りにくく、寒い時期でも温かみのあるシートが完成した。

画像3: 4名乗車もできて、簡単に車中泊レイアウトへ

セカンドシートを倒して、フロアのボードを置けば、簡単に車中泊できるレイアウトに。いざというときに4名乗車できることも大切なポイントだった。

画像4: 4名乗車もできて、簡単に車中泊レイアウトへ

床下には板を支える根太という角材が入っている。その間の隙間を収納スペースとして活用。フロアシートがちょうどいい目隠しに。

※当記事はカーネル 2022 冬号 vol.52・巻頭特集の内容を一部抜粋、再構成したものになります

写真:落合明人 
文:渡辺圭史  
出典:カーネル 2022 冬号 vol.52

This article is a sponsored article by
''.