【概要】夏キャンプを涼しく快適に過ごすためのキャンプ飯のアイデア集。キャンプ好きインスタグラマーに、キャンプ飯やドリンク、コツなど7つの「涼」アイデアを紹介してもらった。

1)暑い夏にさっぱりと食べられる盛岡冷麺

画像: 1)暑い夏にさっぱりと食べられる盛岡冷麺

食欲が減退する暑い夏は「さっぱりと食べられる盛岡冷麺がおすすめ!」とcampikegramさん。「お好みの具材と合わせて、本家にならってスイカをトッピングしました。キンキンに冷やしたスープをかけて、夏いただきます!」

2)真夏の太陽の下で飲みたい自家製レモンサワー

画像: 2)真夏の太陽の下で飲みたい自家製レモンサワー

夏キャンプの楽しみは、真夏の太陽の下で飲むレモンサワー。キンミヤ焼酎でつくる自家製レモンサワーは、凍らしたレモンを氷代わりに。

「味が薄まらずに最後までレモンの風味を楽しめます。キャンプだとお酒がいくらでも飲めるから不思議」(campikegramさん)

3)天然クーラーボックスが大活躍!

画像1: 3)天然クーラーボックスが大活躍!

川の水でキンキンに冷やしたスイカとビールは、まさに日本の夏!という感じ。

「夏場はチェアを川沿いに持っていって、水に浸かりながらビールを飲むのがたまりません。別名
『リア充シート』と呼んでいます(笑)」(campikegramさん)

画像2: 3)天然クーラーボックスが大活躍!

1~3の紹介者:@campikegramさん

campikegramさんはキャンプ歴約3年のアウトドアと料理が好きな女子キャンパー。関東近郊のキャンプ場へよく出かけているそうで、お気に入りは浩庵キャンプ場、道志の森キャンプ場、森のまきばオートキャンプ場。

4)子どもたちも大好き! さわやかな手作りデザート

画像1: 4)子どもたちも大好き! さわやかな手作りデザート
画像2: 4)子どもたちも大好き! さわやかな手作りデザート

目でも楽しめるこちらのデザートは、なんとn.camp7さんの手作り! クリームソーダは、ブルーハワイのかき氷シロップをゼリーにしたり、炭酸で割ったもの。オレンジパフェは2種のゼリーを自宅で仕込んで、仕上げはキャンプ場で。レシピをインスタグラムで公開中。

画像3: 4)子どもたちも大好き! さわやかな手作りデザート

4の紹介者:@n.camp7 さん

子どもたちと豊かな自然のなかで過ごしたいとキャンプをスタート。家族4人+愛犬で楽しんでいる。

夏は川遊びができるスポットへ。お気に入りは長瀞オートキャンプ場。「赤煉瓦のチップは水はけがよく、写真映えもします(笑)」

5)食欲がなくても食べられる、冷たい本格派そば

画像1: 5)食欲がなくても食べられる、冷たい本格派そば

夏はさっぱりと食べられるそばがおすすめ。「冷たいそばつゆで食べるもよし、塩で食べるもよし。わさびや八幡屋礒五郎の七味と食べればピリッとアクセントになり、暑い夏も乗り越えられる気がします」。七味は八幡屋礒五郎×ながのキャンパルのコラボ缶。

画像2: 5)食欲がなくても食べられる、冷たい本格派そば

5の紹介者:@mikotan0715 さん

mikotan0715さんは、長野県飯綱町で地主さんから山林を預かり、アウトドア好きに貸し出すサービス「Anoyamaproject」のメンバー。

「整備を含め、自分だけの場所を作ることができます!」とのこと。ただいまリリースに向け準備中。

6)オバケツと氷とお酒!

画像1: 6)オバケツと氷とお酒!

夏はこのスタイルがお気に入り。「暑い時期は、ビールと白ワインと日本酒を『オバケツ』に放り込んでキンキンに冷やして飲みます。見た目の涼しさもありますが、テーブルの真ん中において、すぐに手が届くのが最高」

画像2: 6)オバケツと氷とお酒!

6の紹介者:@anothersky180さん

キャンプ歴は約5年。ふだんは都内でコンクリートに囲まれた生活をしているので、月に2~3回は自然を求めてキャンプへ出発。家族や友人と、長野県や山梨県、群馬県を中心にキャンプを楽しんでいる。

7)キンキンに冷やした夏野菜と赤星

画像1: 7)キンキンに冷やした夏野菜と赤星
画像2: 7)キンキンに冷やした夏野菜と赤星

見ているだけで涼を感じるこのセット! 「渓流でキンキンに冷やした夏野菜とサッポロ赤星ビール。多少荷物が重くなっても、最初の1杯は瓶ビールにこだわります。野菜にドレッシングなんてナンセンス。塩でしょ! ビールはキレやコクより『伝統』だ!」

画像3: 7)キンキンに冷やした夏野菜と赤星

7の紹介者:@elvis_works さん

秋田県とその近県のキャンプ場によく出没しているというelvis_worksさん。暑い夏の季節のキャンプは、愛犬と海、川、湖で水遊びを楽しんでいる。キャンプ歴約25年のベテランキャンパーだ。

文:カーネル 
転載元:GARVY2021年8月号(7月9日発売) 

This article is a sponsored article by
''.