キャンピングカーメーカーが手がけた装備充実のキャンピングカーを紹介! 今回はミスティック社の人気キャブコン「レジストロ・アウル」をレポート。車中泊専門誌『カーネル』の人気コーナーからお届けします!

ミスティック/レジストロ・アウル

画像1: ミスティック/レジストロ・アウル

ライトエースDXをベースに、快適なスペースをプラスしたキャブコン「レジストロ・アウル」。ウッディな雰囲気の内装も好評を博しており、いま車中泊派の熱い視線を集めているモデルだ。

乗車定員は6名、就寝定員は5名となっているが、夫婦やニューファミリーが使うのにピッタリなサイズ。 全長4680×全幅1910×全高2590mmで、長さと幅はDセグメントのSUVとほぼ同じ大きさと考えればいいだろう。

画像: 2名掛けの前向きシートには、もちろん2名分の3点式シートベルトを装備。車両の前後の動きに対して正対できるので、走行中の快適性は横向きよりも上だ

2名掛けの前向きシートには、もちろん2名分の3点式シートベルトを装備。車両の前後の動きに対して正対できるので、走行中の快適性は横向きよりも上だ

今回、紹介したのは、同モデルに「前向きシート」のオプションが追加されたから。ちなみに標準モデルは横向きシートだが、21万6000円を追加することで、2名掛け前向きシートを選択することができる。横向きシートでクルマ酔いしてしまう人も安心だ。

画像: ギャレーや収納家具は後部の入り口を入ってすぐの所に設置されている

ギャレーや収納家具は後部の入り口を入ってすぐの所に設置されている

さらに今回の取材車両には、キャビネット&冷蔵庫も標準装着されており、車中泊時の利便性をアップさせた仕様となっている。

画像: バンクの床をスライドさせてマットを敷けば、2名就寝の広いベッドに

バンクの床をスライドさせてマットを敷けば、2名就寝の広いベッドに

画像: ダイネットスペースのベッド展開時。冷蔵庫の分だけ、ベッドが小さくなる

ダイネットスペースのベッド展開時。冷蔵庫の分だけ、ベッドが小さくなる

兄弟車のレジストロは軽トラックをベースにしたモデルだが、乗車定員や動力性能に余裕が欲しいという人には、こちらのレジストロ・アウルがオススメだ。

駆動方式で4WDをチョイスすることが可能なので、雪が降る季節でも安心。スキーに温泉旅行に、ガンガン活用していただきたい。

こんな人にオススメ!
夫婦ふたりでゆったりと、もしくは小さい子どもがいる4人家族に、大きさも動力性能もジャストフィット。普段使いという点ではバンコンに軍配が上がるが、車中泊時の快適さは断然こちらのほうが上だ。

レジストロ・アウル
4,334,000円〜(税別)

画像2: ミスティック/レジストロ・アウル

■ベース車両/タウンエース DX
■車両サイズ/全長4,680×全幅1,910×全高2,590mm
■主要装備/ダイネットソファーベッド、バンクベッド、サブバッテリー、電源、エントランスドア、室内照明、ダイネットテーブル、リア左右ウインドー、シンク、外部LEDマーカー、オーバーヘッドキャビネット
http://www.mystic.ne.jp/camper/registro-awl

写真・文/山崎友貴

『カーネル』2019年早春号 Vol.42 好評発売中!

こちらの記事は車中泊専門誌『カーネル』2018年早春号 Vol.42から抜粋、再編集したものです。詳細はぜひ本誌をご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.