キャンピングカーメーカーが手がけた装備充実のキャンピングカーを紹介! バンコン、キャブコン、フルコン、軽キャンなどなど、気になるモデルをチェックしよう!

日産ピーズフィールドクラフト/セレナP-SV

画像1: 日産ピーズフィールドクラフト/セレナP-SV

日産製のベース車両を、快適かつ高品質な車中泊仕様にして販売している日産ピーズフィールドクラフト。今回、紹介するのは、セレナをベースにした「セレナP-SV」だ。

画像: 車両のルーフ形状に合わせて作られたポップアップルーフ。風切り音を抑えて、快適性や燃費性能を悪化させない工夫がなされている。ダンパーとパンタグラフで、比較的軽い力で開閉可能

車両のルーフ形状に合わせて作られたポップアップルーフ。風切り音を抑えて、快適性や燃費性能を悪化させない工夫がなされている。ダンパーとパンタグラフで、比較的軽い力で開閉可能

基本的な装備の構成としては、ノーマルのセレナにポップアップテントを装着しているのみとなる。これは、使い方によってユーザー自身が愛車を「変化」させることができ、必要な装備のみを選べるから。

画像: オプションのアンダーベッド(86,400円)を使えば、車内に大人2名分の就寝スペースを作ることができる

オプションのアンダーベッド(86,400円)を使えば、車内に大人2名分の就寝スペースを作ることができる

画像: シートの凹凸を解消するサポートマット

シートの凹凸を解消するサポートマット

例えば、就寝人数が2名以上であれば、オプションのアンダーベッドとベッドサポートマットを使うことで、車内下部でも快適な車中泊ができるようになる。

画像: 走行充電サブバッテリー+電圧計+2連ソケットはセット(123,000円)

走行充電サブバッテリー+電圧計+2連ソケットはセット(123,000円)

また、電装系は電圧計や2連ソケット、100Vコンセントなどから選ぶことができ(組み合わせあり)、車中泊時の利便性をさらに向上させることが可能だ。

画像: ポップアップルーフの中は大人2名分の就寝スペースを確保

ポップアップルーフの中は大人2名分の就寝スペースを確保

ちなみに標準装備のポップアップテントにはメッシュが付いていて、涼しい風を車内に取り入れることができる。さらに、レインカバーが付属しているので、少しの雨なら心配しないでルーフアップすることができるのはうれしい。

非常にシンプルな装備設定だが、それが逆に日常性や様々な用途への適応性をよくしている。ちなみに、現在、e-POWERへの対応も検討中とのことなので、燃費を重視したい人は、乞うご期待!

こんな人にオススメ!
車内空間のユーティリティや日常生活の使い勝手などを、キャンピング装備で犠牲にしたくないユーザーに向いているだろう。寝るときの快適性は十分だが、キャンピングカーほど肩肘張らずに乗ることができる。

画像2: 日産ピーズフィールドクラフト/セレナP-SV

セレナP-SV
3,010,000円〜(税別)

■ベース車両/セレナ(e-POWERを除く)
■車両サイズ(2WD)/全長4,690×全幅1,695×全高1,980mm
■主要装備/ポップアップルーフ
■オプション/アンダーベッド、走行充電式サブバッテリー+電圧計+2連ソケット、FFヒーター、外部電源+オートチャージャー+室内コンセント、1,500Wインバーター、遮光カーテン、ナビ電源切り替えスイッチ
https://www.ps-craft.co.jp/

写真・文/山崎友貴

『カーネル』2019年早春号 Vol.42 好評発売中!

こちらの記事は車中泊専門誌『カーネル』2018年早春号 Vol.42から抜粋、再編集したものです。詳細はぜひ本誌をご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.