バスフィッシング雑誌『Rod and Reel(ロッド アンド リール)』(略してロドリ)編集部の連載企画!

バス釣りを知らないのにロドリ編集部に入ってきた新人サクが、シマノのプロスタッフ・黒田健史さんに弟子入りし、バス釣りを覚えて天下を狙うサクセスストーリー(予定)⁉ 第2回は「タックル購入 後編」!

登場人物紹介

画像1: 登場人物紹介

ロドリ編集部の新人、特攻のサク(ブッコミのサク)。
神奈川生まれ横浜育ち、心は佐賀県民という出身地不明の新人。バス釣りの経験は一切なし。

画像2: 登場人物紹介

黒田健史さん
シマノのプロスタッフ。2017年は日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」にも復帰。人のよさに目を付けられ、サクの無茶ぶりに巻き込まれることになる。

サク、ルアーとラインを買う!

リールとロッドを選んだ前編に引き続き、後編ではルアーとライン選びを決行! カッケェヤツ選びますわ!

好きなルアーを勘で選ぶのもありだ!

好きなルアーを勘で選ぶ予算の都合上、ここは厳選しないといけなかった。とにかく見た目でカッケェやつを選ぶ。

ある意味一番センスが問われることになるのがルアー選びだ。

サク「最高にカッケエやつを選びますわ!」

黒田「いいんじゃない? ルアーは一番自由に選べるところだと思うし」

サク「……いざなんでもいいっていわれると迷うッスね……」

黒田「まずは使うロッドにあったルアー、その中でもよく行くフィールドにあったものを選んでみようか」

サク「よく行くフィールド……関東のどっか?」

まだ行くべきフィールドもわからない特攻野郎。

黒田「とりあえず頭に入れておいてほしいのは、極端に小さかったり大きかったりしないルアーで、各レンジを攻められることかな。あとルアーはなくなりやすいから多めに買うといいよ」

画像: 好きなルアーを勘で選ぶのもありだ!

サクのスタメン「ルアー」はこれだ!

画像1: サクのスタメン「ルアー」はこれだ!

O.S.P/ハイピッチャーMAX
師匠に勧められた中で、ギラギラチャリチャリしてたコイツに一目惚れ。やっぱり光物はかっこいいッスわー。金に余裕あったらもう1個欲しかったな。

画像2: サクのスタメン「ルアー」はこれだ!

O.S.P/ハンツ
こっちは完全に勧められるままに買ったルアー。写真がわかりにくいけど、金色が渋いんだこれが。こういう渋みの出る男になりたいね。

最初の「ライン」はナイロンといわれているが……?

タックル購入「正直どれも同じに見えるゼ……」。大量に手に取ってみたものの、どれがどれなんだかまったくわからない……。

最後に買うのはラインだ。

黒田「ラインは素材別に三種類あって、フロロカーボン、ナイロン、PEとあるけど、今回はフロロカーボンにしようか」

サク「今調べたら、初心者はナイロンがオススメって書いてるんッスけどこれは……」

黒田「それについては過去のことだと個人的には考えてる。今はフロロも十分に柔らかいし、むしろメリットが強調されるようになったから、フロロのほうが初心者向けだと思うよ」

画像: 最初の「ライン」はナイロンといわれているが……?

サクが買った「ライン」はコレだーッ!

画像: サクが買った「ライン」はコレだーッ!

シーガー/フロロマイスター
師匠曰く“ボビン”のモノがリールに巻きやすくていいらしいので、“ボビン”だったコイツに決定。不器用なんで巻きやすいってのが いいね。ところで“ボビン”って何ッスか?

今回の予算は3万円。はたして収まったのか?

おれはこの“ライン”で頂点(テッペン)とるぜ!おれはこの“ライン”で頂点(テッペン)とるぜ!

さて買い物をした以上、お会計は避けられないが、サクは無事に予算内で買い物ができたのか……?

サク「購入物合計……29,829円!! なんとか予算内に収まりましたわ!」

ギリギリである。

黒田「中古店を使えたのがよかったね。予算ギリギリまで使ったけども、その分ルアーの種類も揃えられたし」

サク「これで釣り始められると思うと、マジ楽しみっすわー。これでロドリの“天下”取ったも同然っすね!」

黒田「まあルアーを優先して買ったから、本来買っておきたかった帽子とか買えなかったけどね。それでも満足できる買い物だったならいいんじゃないかな」

購入物報告!

画像: 購入物報告!

初心者アングラーに贈る! 黒田’sアドバイス

中古店を使うときの注意

中古店を利用する際は初心者だけで行くのではなく、商品が壊れていないかがわかる人と行きましょう。中古店のメリットは、とにかく安いところです。初心者はルアーをなくすことが多いので、ルアーをいっぱい買うのに活用すべきだと思います!

今回買ったもの以外に、あると便利なもの

今回サク君は予算の関係で買っていませんでしたが、ラインカッターや帽子、偏光グラス(サングラス)などは買っておくと便利です。特に帽子と偏光グラス(サングラス)は安全のためにも買っておくべきです。

黒田さんの総評!

画像: 黒田さんの総評!

足元を見ようぜ!
考えてることはすごい壮大なんだけども、大きいところを見すぎてて足元が見えてない感じですね。志が高いのはいいけれど、先は長いなー。早くもこの連載が不安になってきました(笑)。

次回! 何度投げてもバックラッシュを起こしてしまうサクに、キャスティングの疾風(カゼ)が吹き荒れる!?

※こちらの記事はバスフィッシング雑誌『Rod and Reel(ロッド アンド リール)』2017年6月号の内容を一部抜粋、再編集したものです。詳細は誌面をご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.