利用者の多い車中泊場所の特徴と注意点を、車中泊専門誌『カーネル』編集部が解説。高速道路のサービスエリアやパーキングエリア(SA・PA)、道の駅、一般駐車場、RVパーク、オートキャンプ場、5スポットのメリット、デメリット、NG行為など参考に。

利用者の多い車中泊スポットは、この5カ所!

2
車中泊の場所として真っ先に思いつくのは、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、道の駅の駐車場ですが、実はこれらの場所は、車中泊が正式に認められているわけではありません。一方、車中泊が正式に認められているのはRVパークとオートキャンプ場の2カ所になります。
車中泊場所としてよく聞く5カ所の特徴と、その注意点を紹介しますので、ぜひ参考に!

1 サービスエリア&パーキングエリア

3
車中泊場所として真っ先に思いつくのは、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)ではないでしょうか。
SA・PAは日本全国の高速道路に完備されている休憩施設で、PAは駐車場、トイレ、必要に応じて売店を備え、SAは駐車場、トイレ、休憩所、売店、食堂、給油所を完備しています。売店や食堂以外は24時間営業で人の出入りも多く、駐車場は明るく視野が開けているので防犯面においても安心度が高いのが特徴です。
車中泊に必要な設備が整っているので、車中泊場所としてうってつけと思いがちなのですが、じつはSA・PAで許されているのは「あくまで仮眠、もしくは長時間の休憩」のみ。車中泊するなら、休憩の延長としての仮眠程度にとどめておきましょう。
車外にテーブルやチェアを出してくつろぐなど、キャンプ行為は絶対に禁止!

2 道の駅

4
一般道に設置された、国土交通省認定の休憩場所。24時間オープンの駐車場やトイレ、洗面施設が無料で利用できるほか、日中の営業のみになりますが、飲食店や売店などを備えています。近年は温泉施設付きの道の駅も増加中!

けれど、道の駅もSA・PA同様、車中泊場所としての利用は、休憩の延長としての仮眠程度のみ黙認といった状況。なかには車中泊を禁止している所もあるので、仮眠するにしても、事前に調べてから利用しましょう。

3 RVパーク

5
日本RV協会が、道の駅や日帰り温泉施設などと提携して開設している車中泊の場所。駐車場の一角に有料の車中泊エリアが設けられていて、施設公認で車中泊が可能です。
トイレの24時間利用や施設内での入浴、またゴミ処理やペット同伴受け付け可の所もあり、とにかく安心・快適に車中泊をすることができるのが魅力です。

車中泊が正式に認められている場所なので堂々と宿泊できますが、1カ所あたりの利用台数が少なめ。2018年2月中旬現在、全国に102カ所の認定RVパークが整備されています。

4 オートキャンプ場

6
テーブルやチェアを広げてくつろぎたい、アウトドアクッキングを楽しみたい、という人に最適なのがオートキャンプ場での車中泊。
トイレ、洗面所、シャワー、売店などを完備している所が多く、車外で火を使った調理、飲食も可能。公に車中泊が認められているので、気兼ねなく楽しむことができます。

ただし利用料がかかり、チェックイン&アウトの制限があったり、冬季は閉鎖しているキャンプ場も多いのが気になる点。車中泊ならではの自由度は少し下がってしまいます。

5 一般駐車場

画像1: みんなが車中泊する場所は? 各車中泊場所の特徴と注意点
地方の公園などでは24時間駐車場が開いているところが多く、無料で利用できたり、近くにトイレや水飲み場が設置されていたりと、車中泊しやすそうにみえます。が、街灯がなく夜間、真っ暗になることが多いので防犯面では要注意。

さらに路面にゴミが散乱していたり、タイヤ痕がついていたりする所は若者たちのたまり場になっている可能性も。明るいうちに、しっかり確認しておきましょう。

ルールやマナーを守って、快適な車中泊を!

画像2: みんなが車中泊する場所は? 各車中泊場所の特徴と注意点
車中泊の場所としてよく聞く5カ所を紹介しましたが、それぞれの車中泊場所によってルールやマナー、注意点は変わってきます。あらかじめ、情報収集や確認をしておくことが、快適な車中泊を行うコツですよ!

This article is a sponsored article by
''.