【概要】コンパクトカー「スマート・フォーツークーペ」で車中泊を楽しむ達人を紹介。車中泊を可能にしたアイテムやベッド展開の方法、リアスタイルなど。

この大きさでどうやったら快眠できる!?

小型モビリティは小回りが利くので、街中でもその機動性を発揮してくれるが、車中泊に利用するには少し小さすぎるだろう。

しかし、そんなコンパクトなクルマを使って、車中泊を楽しむ趣味人がいるというのだ。

画像: この大きさでどうやったら快眠できる!?

キャンプ場に現れたのは、驚くほどコンパクトなクルマ、スマートだった。その小ささゆえに、大自然のなかでは、少々、不釣り合いにも感じるほど。

リアゲートの中にはボックスが並び、きれいに整理整頓されている。そして、ルーフトップにはファルトボート。

このクルマのオーナーが車中泊の達人、堀口さんだ。

「都内の仕事の移動に使うので、コンパクトなクルマを探して、このスマートに乗るようになりました。時々、ドライブや趣味にも使っていて、最初はテントを積んで、キャンプなどもしていました」 

画像: 2004年式スマート・フォーツークーペのオーナー・堀口 昇さん。アメリカをキャンピングカーで横断するなど、アクティブに動き回っていた堀口さん。ヨットやカヌーを趣味にして、長年、アウトドアレジャーを楽しんでいる。このクルマで各地を訪れ、コンパクトな車中泊を実践中。

2004年式スマート・フォーツークーペのオーナー・堀口 昇さん。アメリカをキャンピングカーで横断するなど、アクティブに動き回っていた堀口さん。ヨットやカヌーを趣味にして、長年、アウトドアレジャーを楽しんでいる。このクルマで各地を訪れ、コンパクトな車中泊を実践中。

しかし、テントの設営や出し入れが面倒になり、新たなスタイルが誕生するきっかけとなったそうだ。

「車内の長さを測ってみると、2m近くあったので、もしかしたら寝られるのではないかと思い、車中泊に挑戦することにしました。テントがなくなれば荷物も減りますから」

一見、人が寝られそうもない室内だったが、リアゲート部分を開けておけば、スペースが確保できた。そして、助手席を倒して、有孔ボードを使う方法を思いついたのだ。

「車中泊するには平らな場所を作ることが大切です。この板1枚があるだけで、テントとは比べ物にならないくらい快適なフラットスペースを確保できるので、ぐっすりと寝られるようにもなりました」という。

フロント側に頭を向けて、リア側が足元になる。リアに向けて空間が狭くなっているので、必然的に、そのようなレイアウトになったという。

しかし、リアゲートは開けたままなのか? その謎は次に出てくるアイテムが解決してくれた。

スマートで車中泊するためのベッドメイキング

画像1: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

スマート・フォーツークーペの全長は約2.5m。このサイズでどうやって就寝スペースを生み出すのだろうか。

画像2: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

ベッドは助手席を倒して準備をする。まずは、背もたれが湾曲しているので、スポンジのスペーサーを使って高さを調整。

画像3: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

ベッドの面には有孔ボードを使っている。ボードは2分割されていて、普段は荷室とシートの間に入れてある。

画像4: スマートで車中泊するためのベッドメイキング
画像5: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

ネジを取り付けた汎用のパイプを有孔ボードの穴を使って固定。パイプをフロント側の脚として水平を確保する。

画像6: スマートで車中泊するためのベッドメイキング
画像7: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

後方側にもう一枚のボードを置き、一部を重ねて、有孔ボードの穴同士をネジで固定すればベッドレイアウトの基本は完成だ。

画像8: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

ベッドの仕上げとして、リア側にクリアケースを2つ並べて、その上に有孔ボードを置き、キャンプ用のマットレスを敷く。リアゲートを開けたままなら、大人1名が横になれる就寝スペースを確保した。後は季節に合わせて寝具を準備すればいい。

画像9: スマートで車中泊するためのベッドメイキング

そして車内に全長180cmの就寝スペース生み出した! そのタネ明かしは次のページで!

This article is a sponsored article by
''.