【概要】ポータブル電源の基礎知識と素朴な疑問Q&Aなど。専門家・Goal Zero社の国内総代理店であるアスク勤務の藤井 浩さんに教えてもらった。

Q.2000回充電OKって、たとえば何年くらい使えるの?

画像: Q.2000回充電OKって、たとえば何年くらい使えるの?

A.満充電になって1回なので、使い方によります

バッテリーの1回充電とは、「コンセントに差した時点で1回」ではなく、たとえば「残量40%を60%まで充電(0.2回)→残量20%になったので100%まで充電(0.8回)すると充電1回」なのだ。 

そのため使い方次第で5年以上使えるし、2年でダメになる場合もある。特に高速充電は600W出力のアダプターやソーラーパネルを使って素早く大容量バッテリーを充電できる技術。便利だが満充電1回のペースが速く、その分劣化も進む。

Q.冬はあっという間に電池切れになるけど対策は?

画像: 氷点下になる日は注意!

氷点下になる日は注意!

A.冷え切ったバッテリーはカイロくらいでは回復しません。車内で使うならエアコンで暖めてから!

大型のポータブル電源は、カイロくらいでは内部までその熱が届くことはない。電源そのものを冷やさないことが肝心だ。

車中泊では使う前にエアコンを効かせた車内で冷えを解消させると有効。エアコンを使わずブランケットでくるむだけでも効果は高い。

ただし、ファン搭載のバッテリーやアダプターが熱を発しやすいものは毛布でくるんではダメ。使用可能な温度と空間を説明書で確認しておこう。

Q.使っていると、本体がすごく熱くなっていて心配

画像: Q.使っていると、本体がすごく熱くなっていて心配

A.置き場所に注意! 夏はクルマから降ろして涼しい場所で保管しましょう。できれば放熱性の高いアルミ合金製ボディを選んで

本体やアダプターが発熱するのは仕方がないことで、熱による劣化や発火を防ぐため、各社はファンを搭載したり放熱性の高いアルミボディを採用したりして対策している。

ユーザーは車内に置きっぱなしにせず、使用後は涼しい場所で保管。屋外ではタープ下など日陰に設置しよう。また、ファンが搭載されている機種は排気口をふさがず、壁から十分な距離を空けて熱がこもらないようにしたい。

Q.斜めにしても大丈夫?

A.落下に気をつければ問題ありません。それよりも濡れや結露には要注意

少しくらい傾斜した所に置いても問題なし。もっともポータブル電源がずり落ちる、落下の危険があるなら話は別だ。衝撃によって基板が損傷する危険があるのだから。

また、転んだはずみで倒さないよう整理整頓を心がけて。落下と同じくらい濡れや結露による感電やショートにも注意が必要だ。野ざらしにせず、濡れた手で触らないように。

This article is a sponsored article by
''.