【概要】車中泊で使うポータブル電源の選び方。軽キャン女子YouTuber・まるななさんが、選び方のこだわり、最適解、おすすめの車内調理器具などを解説。

まるななのポータブル電源選びの最適解

画像: まるななのポータブル電源選びの最適解

いろいろと試した結果、今はこの3台、BigBlue(250Wh)、AnyPro(444Wh)、EcoFlow River Pro(720Wh)に落ち着いています。

BigBlueは小型で取り回しもよく、ケーブルが届かない場所で電気を使いたいときなど自宅でも使用。

AnyProは容量のわりに小型でType-C出力も装備。安価なので気兼ねなく使えます。

EcoFlowはドライヤーのような消費電力の大きい家電用。充電が速いため長期旅も想定し購入しました。

ちなみに合計容量は1414Whなのに合計購入額は10万5000円ほどと、同程度の容量の電源を買うよりコスパ◎。

車内調理におすすめの電化製品

まるななは、主にポータブル電源を調理に使います。車中泊では超鉄板アイテムですが、紹介させてください。

画像: ハックちょこっと家電

ハックちょこっと家電

①ハックちょこっと家電(消費電力260W)
煮る、焼くができる人気の電気鍋! 0.5合の炊飯は18分でOK。

②カシムラワールドポット2(消費電力420W)
コーヒー1杯分なら3分で沸騰。この省電力でこれほど早くお湯を沸かせる製品って、ほかにあるでしょうか。コンパクトで収納にも場所をとりません。

画像: 山善コンパクトクッカー炊飯器

山善コンパクトクッカー炊飯器

③山善コンパクトクッカー炊飯器(消費電力200W)
1合分の炊飯は12分。そのうえ鍋焼きうどん、アヒージョ、1人鍋、おでんの温めもこれ1台でOKのマルチ鍋! 

冷たくなったパンを温めたり、電子レンジ代わりとしても使えるのに消費電力200Wと驚きの省エネクッカー。個人的にはちょこっと家電より使い勝手がよくイチオシです!

画像: コイズミライスクッカーミニ

コイズミライスクッカーミニ

④コイズミライスクッカーミニ(消費電力210W)
こちらは普通の1.5合炊き炊飯器。炊飯器ってご飯を炊くだけだと思っていませんか? 短時間で硬いお米をふっくらと炊ける炊飯器は実は万能調理鍋。特に「煮る」が得意。材料を入れてスイッチを押すだけでカレーやパスタだって作れちゃいます。

写真・文:まるなな  
出典:カーネル2022年3月号vol.53 

This article is a sponsored article by
''.