【概要】ロゴスの「Tradcanvas スウィングチェア」の紹介。キャンプでのリラックス度や収納性&持ち運び、気になる点などをレビュー。

キャンプでのんびりゆったり癒やされるチェアが欲しい!

画像: キャンプでのんびりゆったり癒やされるチェアが欲しい!

気になるキャンプギアを調査する「GARVY LAB.」(GARVY2021年8月号掲載)では、「リラックスできるキャンプチェア」をテーマに6製品をインプレッション!

今回は下記製品のなかから、ロゴスの「Tradcanvas スウィングチェア」を紹介!

<インプレした6製品>
・コールマン インフィニティチェア
・ヘリノックス フェスティバルチェア
・ホールアース クラムチェア
・クオルツ フットアップリクライニングチェアメッシュ
・ロゴス Tradcanvas スウィングチェア ←今回紹介!
・ニーモ スターゲイズ リクライナー ラグジュアリー

フィールドでも楽しめる! ロッキングチェアの揺れ感

画像: ロゴス Tradcanvas スウィングチェア 1万890円

ロゴス Tradcanvas スウィングチェア 1万890円

いわゆる「ロッキングチェア」で、揺りかごのような揺れを楽しめるアイテム。でもフラットな自宅の床ならその揺れを存分に楽しめるけれど、凹凸のあるフィールドではどうだろうか?

今回の撮影地は草地のフィールド。石などはないものの、草が生えていて地面はフラットとはいえない状況。でも問題なくスイングできた!

画像1: フィールドでも楽しめる! ロッキングチェアの揺れ感

大きな揺れ幅というよりは、普通に腰かけて、小さなゆらゆら感を楽しむのがおすすめ。くつろぎタイムに会話などを楽しみながら、いつの間にかゆらゆら揺れている。このクセになる感じがたまらない。

画像2: フィールドでも楽しめる! ロッキングチェアの揺れ感

製品自体はロゴスの人気ギア「あぐらチェア」にアーチ状のバーを取り付けたもの。だから座面や背もたれが広めでゆったり。太ももの裏に生地があたって痛いなんてこともない。

またアーチ状のバーは収束式のフレームの一部に付属しているので、展開や収納が簡単にできるのも便利。組み立てが簡単で、すぐにくつろぐことができるというのも、リラックスチェアの大きなポイントだ。

リラックスCHECK! ① 大きな揺れも楽しめる! ストッパー付きで安心

画像: リラックスCHECK! ① 大きな揺れも楽しめる! ストッパー付きで安心

足で地面を押せば、大きな揺れ幅を楽しむこともできる。好みのゆらゆら感を楽しもう。大きく揺れても、アーチ状バーの先端部に付属するストッパーのおかげで、転倒を防いでくれる。石や砂利が多いサイトで使うのは厳しいかもしれない。

リラックスCHECK! ① クッション性の高い肘掛けは角度秀逸でリラックス

画像: リラックスCHECK! ① クッション性の高い肘掛けは角度秀逸でリラックス

腕を自然に沿わせることができる肘掛けの角度が秀逸。肘掛けはフレームにラバークッション+シート同生地が巻かれている二重構造。クッション性が高い。生地は取り外しが可能。

収納性&持ち運び

画像1: 収納性&持ち運び

アーチ状のバーも含んだ収束式というのがポイント。最初にバーの一部を固定ホルダーから外す必要があるが、あとは本体を広げて、フレーム先端をバーのくぼみにセットすればOK。

画像2: 収納性&持ち運び

本体フレームにバーを固定するホルダーが付属。このホルダーのおかげで収納時にバーがきれいに収まる。

画像3: 収納性&持ち運び

撤収時はロッキングバー付属のピンを引っ張りながら、本体のフレームを引き抜く。とくに力はいらない。

気になった点

画像: 気になった点

背もたれが肩ほどの位置なので、頭をホールドしたい人は気になるかも? ただ大きくリクライニングするチェアではないので、個人的にはそこまで気にならなかった。

製品データ

画像: 製品データ

使用時サイズ:約53.5×74× H79cm
重量:約5.3kg
耐荷重:約120kg

【問】ロゴスコーポレーション コンシューマ係

写真:中里慎一郎 
文:カーネル 
転載元:GARVY2021年8月号(7月9日発売) 

This article is a sponsored article by
''.