【概要】ホールアースの「クラムチェア」の紹介。キャンプでのリラックス度や収納性&持ち運び、気になる点など。

キャンプでのんびりゆったり癒やされるチェアが欲しい!

画像: キャンプでのんびりゆったり癒やされるチェアが欲しい!

気になるキャンプギアを調査する「GARVY LAB.」(GARVY2021年8月号掲載)では、「リラックスできるキャンプチェア」をテーマに6製品をインプレッション!

今回は下記製品のなかから、ホールアースの「クラムチェア」を紹介!

<インプレした6製品>
コールマン インフィニティチェア
ヘリノックス フェスティバルチェア
・ホールアース クラムチェア ←今回紹介!
・クオルツ フットアップリクライニングチェアメッシュ
・ニーモ スターゲイズ リクライナー ラグジュアリー
・ロゴス Tradcanvas スウィングチェア

一台二役で使えるかも?

画像1: 一台二役で使えるかも?

インプレッションした6製品のキャンプチェアのなかで、唯一の中綿ふわふわで、リクライニングもしないタイプ。デザインもラウンドフォルムでラグジュアリー感が高く、見た目からしてもくつろぎ度が高そうだ。

実際に座ってみると、自宅のソファに近い感覚。収束式のチェアなので骨組みとなるフレームはあるのだけれど、そのフレームがあまり気にならないほど、中綿がたっぷり封入されている。

画像: ホールアース クラムチェア 6600円

ホールアース クラムチェア 6600円

生地全体にキルティング加工が施されているので、中綿のよれも少ないはず。そんなふわふわの中綿が貝殻フォルムのシートになって体を包み込んでくれるのだから、リラックスできないわけがない。

画像: 収束式のキャンプチェアなので、セッティングも収納も楽々。

収束式のキャンプチェアなので、セッティングも収納も楽々。

そしてもうひとつ、特筆したい点がある。今回は「リラックスできるか否か」がテーマなので少しずれるが、このチェア、食事するときにも使えそう。

画像2: 一台二役で使えるかも?

着座すると多少沈み込みはあるものの、座面高が約40cmでテーブルとも合わせやすい。ただし、通常のダイニングチェア同様に使えるとは思わないように。

リラックス度が抜群で、食事シーンでも使えそうなら、一石二鳥で重宝しそうだ。

リラックスCHECK! ① 上半身を包み込むシートと座面高のバランスよし!

画像: リラックスCHECK! ① 上半身を包み込むシートと座面高のバランスよし!

リクライニング機能はないものの、背もたれには適度な角度がついていて、ゆったりとくつろげる。

約40cmという座面高は背もたれに体を預け、脚を投げ出してリラックスもしやすいし、上半身を起こして膝を立てても座りやすい。貝殻フォルムで上半身を包み込んでくれるのも心地よし。

リラックスCHECK! ② 中綿は肘掛け部分にもたっぷりと封入!

画像: リラックスCHECK! ② 中綿は肘掛け部分にもたっぷりと封入!

中綿はシート全体にまんべんなく封入されているだけでなく、肘掛け部分も同様にふわふわだったのにちょっと驚いた。

これなら長い時間、肘をかけていても痛くならない。角度もちょうどよく、リラックス度を高めている。

収納性&持ち運び

画像1: 収納性&持ち運び

収束式なので展開も収納もスムーズ。クッションシートのためかさばるが、収束状態を固定するベルトが付属。

画像2: 収納性&持ち運び

また本体にはループ状のハンドルが付き、収納ケースに入れなくても持ち運びやすい。

気になった点

雨などで濡れたら、中綿がたっぷりと水を含みそうで心配。メーカー曰く、「表生地も中綿もナイロン製なので乾きやすい」とのことだが、雨が降ってきたら念のため、タープ下など屋根のあるところに移動させたい。

製品データ

画像: 製品データ

使用時サイズ:約85×55× H86cm
重量:約3.65kg
耐荷重:約80kg

【問】FDR カスタマーセンター

写真:中里慎一郎 
文:カーネル 
転載元:GARVY2021年8月号(7月9日発売) 

This article is a sponsored article by
''.