【概要】「車中泊の達人」の就寝アイテムやスタイルを一挙紹介。車中泊専門誌『カーネルvol.49』の「車中泊の達人」特集に登場した達人たちのベッドルームはどうなっているのか? みんなの快眠テクをチェック!

厚さ23cmのダブルベッド

画像1: 厚さ23cmのダブルベッド

今回の達人たちの愛車のなかでも、寝心地ナンバーワンは矢井田さんだろう。厚さ23cmのダブルベッドを積んでいるなんて! 

画像2: 厚さ23cmのダブルベッド

しかも愛車はハイエースのワイドハイルーフ仕様のため、スペースも広々確保されている。土台はプラスチック製の衣装ケースだが問題なし! 自宅同様(以上!?)の睡眠が約束されるかも。

画像3: 厚さ23cmのダブルベッド

オーナー:矢井田千秋さん(ハイエース)

昇降式&ソファの二段ベッド

画像1: 昇降式&ソファの二段ベッド

キャンピングカーに装備されていた二段ベッド。上段は昇降式で上下に動く。下段はソファを展開してフラットにする。どちらもフカフカで寝心地はよさそう。

唯一は天井が近い上段ベッドで、頭上の圧迫感が気にならないか?だろう。ちなみに、オーナーのあつさんは熟睡できるとのことで気にならないようだ。

画像2: 昇降式&ソファの二段ベッド

オーナー:あつさん(ハイエース)

ソファベッド+毛布 or 寝袋

画像1: ソファベッド+毛布 or 寝袋

ベッドとしてではなく、車内空間を広く使うためにポップアップルーフを使用。就寝時は、後席シートをベッド展開し、フラットにして使用する。

画像2: ソファベッド+毛布 or 寝袋

広々とした1840×1050mmがスペースなので、寝心地は悪くないはず。寝具は季節で使い分けているようで、冬には寝袋を使用するそうだ。

画像3: ソファベッド+毛布 or 寝袋

オーナー:まるななさん(テントむし)

本誌未掲載のソファベッド

画像1: 本誌未掲載のソファベッド

なんと「車中泊の達人」として登場したのに、就寝アイテムの紹介が誌面になかった、きらTVさん。ということで、急きょこちらで紹介。

画像2: 本誌未掲載のソファベッド

メインはソファを展開したベッドで広々している。車体後部にもサブのベッドスペースがある。寝具は家庭用の布団などで、十分快眠できそうだ。

オーナー:きらTVさん(エヴァンス)

荷室にキャンプ用コット

画像1: 荷室にキャンプ用コット

軽バンの荷室に敷かれたパネル。その上に2台のキャンプ用コットを置いて簡易ベッドとして使用。コット上には毛足の長いラグマットを敷いている。

画像2: 荷室にキャンプ用コット

寝具はノルディスクの寝袋。スタイリッシュな三沢さんらしいチョイス。「キャンプの達人」でもある三沢さんならば、問題なく快眠できる寝床だ。

オーナー:三沢真実さん(エブリイ)

▼SOTOBIRA 三沢真実さん連載「アリとおかあさんの車旅」▼

べニア板+登山用マット&寝袋

画像1: べニア板+登山用マット&寝袋

べニヤ板で自作した折りたたみベッドに寝るのは、ジムニー シエラで車中泊を行う瀬尾さん。愛車に合わせてDIYしたワンオフものベッドの上に、登山などで使われるニーモのエアマットを敷く。

画像2: べニア板+登山用マット&寝袋

冬場には寝袋を使うが、夏場は毛布などでしのぐときもあるという。基本はフレキシブルに動ける装備を意識しているようだ。

画像3: べニア板+登山用マット&寝袋

オーナー:瀬尾拓慶さん(ジムニーシエラ)

べニア板の上にマット+寝袋

画像1: べニア板の上にマット+寝袋

華やかな室内とはうらはらに、非常にシンプルな寝床!? もちろん、このまま寝るわけではない。

画像2: べニア板の上にマット+寝袋

澤野さんの希望で、マルチに車内レイアウトが変えられるため、こんな広い就寝スペースも可能となる。マットと寝袋で簡易的な寝床にしてもいいし、家庭用の布団を敷くスペースも十分ある。

画像3: べニア板の上にマット+寝袋

オーナー:澤野優美子さん(バネット)

カフェ杉に登山用マット+寝袋

画像1: カフェ杉に登山用マット+寝袋
画像2: カフェ杉に登山用マット+寝袋

フロアに敷いているカフェ杉という厚い板で床をフラットに。ベッドは使用せず、マットは登山などに使うサーマレスト。寝袋はハイランダーのダウン仕様。キャンプも楽しむアウトドア派の渡辺さんらしい寝床だろう。

画像3: カフェ杉に登山用マット+寝袋

軽の荷室とはいえ、ワンボックスのハイルーフ仕様のため、頭上の圧迫感は皆無。

オーナー:渡辺圭史さん(ハイゼット カーゴ)

 

出典:カーネルvol.49 2021年春号

This article is a sponsored article by
''.