via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
【概要】バンライフ仕様の軽バン・エブリイのオーナー・三沢真実さんの愛車を紹介。積載力抜群のエブリイは、仕事や車中泊キャンプに大活躍。レトロなヨーロピアンテイストの外観とウッディでセンス抜群の車内に注目だ。

こだわりの内外装で、軽バン・エブリイがバンライフ仕様に!

画像1: こだわりの内外装で、軽バン・エブリイがバンライフ仕様に!

かわいらしいキャンプ道具があふれるインテリア。車内は車中泊とキャンプの融合した心地よい空気が漂っている。

この車のオーナーは、“キャンプのある暮らし”をテーマに、ライフスタイルを発信するクリエイターズユニット「キャンモック」三沢真実さん。

画像: センス抜群の軽バン・エブリイ! バンライフ仕様で車中泊キャンプや仕事に大活躍!

オーナー:三沢真実さん
キャンプのある暮らしをテーマにライフスタイルを発信するクリエイターズユニット「キャンモック」代表。キャンプしながら無理・無駄なく続ける、持続可能なSDGs防災キャンプを提唱。
SOTOBIRAで「アリとおかあさんの車旅」を好評連載中!

三沢さんはキャンプを軸にした撮影、スタイリング、イベント企画運営などを行っているので、仕事では荷物をたくさん運ぶことが多い。

そんなとき、この車が活躍してくれる。さらに、子どもとのキャンプ旅行では、この車が大切な時間を過ごすための欠かせない存在となった。

1800×1200mm程度の小さな空間だが、子どもとカードゲームをしたり、楽しい会話を繰り広げたりする大切な場所だ。

子どもと寄り添うように眠りにつく夜。お互いの存在を確認しあえる距離感もいい。子どもはここで一緒に過ごす時間をいつも楽しみにしているという。

画像2: こだわりの内外装で、軽バン・エブリイがバンライフ仕様に!

ベース車両はスズキのエブリイ。以前はミニバンに乗っていたが、このフロントマスクのデザインを目にしてから、このスタイルのクルマに乗りたくなってしまったという。

そして、新車を購入して、神奈川県相模原市のモデストカーズで販売されている架装キットを装着した。

効率的に利用できるラゲッジスペースは三沢さんのこだわり。荷物がたくさん載せられるように、棚などの出っ張りをなくし、広い空間を確保した。

それでいて、インテリアのウッディなテイストを強く感じる、木材で包み込んだような空間を生み出しているのが特徴ともいえる。

画像: 室内はなるべく広く使えるように作っている。天井付近にも出っ張りがなく、広々とした印象。

室内はなるべく広く使えるように作っている。天井付近にも出っ張りがなく、広々とした印象。

圧倒的な完成度の高さ。細部を見ても、仕上がりの美しさが宿っている。それもそのはず、この車は、ウッディなキャンプギアを展開し、バンライフ車両を製造する「シエルブルー」が手がけた車なのだ。

室内はあえて華美な装飾を避けて、シンプルに仕上げている。それは、オーナーの三沢さんが、自身で手を加える余白が残されていたとも。

また、セカンドシートを展開すれば、いざというときには、4名乗車ができるということも、車作りの条件だった。

画像: いざとなったら、セカンドシートを出して、4人乗車も可能だ。セカンドシートは折りたたんで、荷室フロアよりも下の位置に収納する仕様。収納時も出っ張りができないので、室内を有効に利用できる。

いざとなったら、セカンドシートを出して、4人乗車も可能だ。セカンドシートは折りたたんで、荷室フロアよりも下の位置に収納する仕様。収納時も出っ張りができないので、室内を有効に利用できる。

フロアには木質パネルを使って、セカンドシートは折りたたんで収納できるようになっている。シートを収納しているときは、凹凸のないフラットなフロアが現れる。

壁と天井には木の無垢材を使用。壁の立ち上がりから、きれいに木材が並んでいる。

画像: 両サイドから立ち上がった木のパネルは、曲線を描いて天井部分へ、そしてリアからフロントへときれいにつながっている。天井とサイドの接合部は加工が難しいのだが、違和感がない。

両サイドから立ち上がった木のパネルは、曲線を描いて天井部分へ、そしてリアからフロントへときれいにつながっている。天井とサイドの接合部は加工が難しいのだが、違和感がない。

天井の中央にはLEDライトを2つ組み込んだ。必要最小限の明かりで、もともと付いていたラゲッジライト部分にスイッチがあり、あまり主張していないのもいい。

ふだんは天井のフックにかけたLEDランタンだけで、長い夜を過ごしている。

画像: 親子で車中泊キャンプに行くことも多いという。そのときは室内にキャンプ用のコットを2つ置いて、フラットな床を作る。偶然にも、コットのサイズがクルマの荷室と同じサイズだった。

親子で車中泊キャンプに行くことも多いという。そのときは室内にキャンプ用のコットを2つ置いて、フラットな床を作る。偶然にも、コットのサイズがクルマの荷室と同じサイズだった。

寝るときはコットを2つセットして、マットとラグを敷き詰めている。コットの下は収納スペースに。上部に収納はないが、コット下には、たくさんの荷物が入るので便利だ。

さらに収納ボックスを置いてテーブルとして使っている。

画像: 少し大きめの小物はリスのトランクカーゴ30ℓに入れている。天板を自作して、フタを反転させればテーブルとして使える仕様。

少し大きめの小物はリスのトランクカーゴ30ℓに入れている。天板を自作して、フタを反転させればテーブルとして使える仕様。

基本的な構造は車として完成しているが、車内で生活するための設備はほとんどが三沢さんのキャンプ道具。用途や気分に合わせて自由に変化するインテリアが、フリーなスタイルを演出している。

ポイント1 使いやすさとこだわり! プロフェッショナルの技

画像1: ポイント1 使いやすさとこだわり! プロフェッショナルの技

アウトドアギアを製造販売する「シエルブルー」が作ったバンライフ仕様の車だけあって、その作り込みにはこだわりを感じる。

画像2: ポイント1 使いやすさとこだわり! プロフェッショナルの技

リア開口上部に出っ張りがあるのだが、細かいパーツを使って、きれいに木材でカバーされている。まさにプロフェッショナルの技。

画像3: ポイント1 使いやすさとこだわり! プロフェッショナルの技

サイドステップ部分やその上のあるパーツも木材でカバーされている。室内もしっかりと外装用の塗料が塗られているのがわかる。

ポイント2 このマスクに一目惚れ&ルーフラックで積載量抜群!

画像1: ポイント2 このマスクに一目惚れ&ルーフラックで積載量抜群!

三沢さんが一目惚れしたモデストカーズ「ピコット」のキットで、レトロなヨーロピアンスタイルが完成した。カスタムするなら長く乗りたいということで、ベース車両を新車で購入。

画像2: ポイント2 このマスクに一目惚れ&ルーフラックで積載量抜群!

ルーフキャリアは積載量を考えた大型タイプ。荷物の積みおろしのために、リアにラダーを装着した。

ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

画像1: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

ラグやマットを組み合わせて、車内でリラックスできる環境を作っている。仕事やレジャーの両方で使うので、限られた空間でありながら、オンとオフを切り替えられるのも大切な機能性といえる。

画像2: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

仕事の打ち合わせも車内で完結。スッキリとしたレイアウトで、十分な広さを確保している。電源はLACITAのポータブル電源エナーボックスを利用。

画像3: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

室内の小物は、助手席に取り付けられたスプーンフルのポールポケット#43にまとめられている。ポール用ではあるが、シートにもちょうどいいサイズ。

画像4: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

リアに取り付けられたMORIMORIのランタン。BLUETOOTHスピーカーが内蔵されていて、音楽を流すこともできる。

画像5: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

三沢さんのお気に入りのアイテムのひとつが、このMPOWERDのソーラーランタン。

画像6: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

ペンドルトンのエコバッグはランドリーバッグとしても活躍。

画像7: ポイント3 なるべくシンプルに。求めるのは拡張性

ノルディスクのアーモンド+10というサマーシュラフ。オーガニックコットン100%で、収納すればクッションにもなる。

▼【連載】アリとおかあさんの車旅vol.1「車中泊はじめました」▼

出典:カーネルvol.49 2021年春号 
写真:中里慎一郎 
文:渡辺圭史

This article is a sponsored article by
''.