【概要】車中泊の場所選びについて、確認しておきたいチェックポイントを紹介。車中泊の可否、トイレの有無、駐車場内での停車地の選び方など。

車中泊旅で最も重要な項目のひとつ。事前調査が大切!

画像: 車中泊旅で最も重要な項目のひとつ。事前調査が大切!

一概に「車中泊」といっても、スタイルや目的によって、宿泊する場所も大きく変わってきます。では具体的に、どのように車中泊場所を選べばいいのでしょうか?

「車中泊地として選ぶ際に注意したいチェックポイント」を紹介します。

チェックポイント① その場所が車中泊可能かどうか

画像1: チェックポイント① その場所が車中泊可能かどうか

まず最初に、駐車場だからといって、どこでも車中泊できるわけではありません。

例えばSA・PAや道の駅の駐車場は、休憩の延長としての仮眠程度なら黙認が多い状況。道の駅では「車中泊禁止」を明言しているところもあれば、逆に車中泊を歓迎しているところも。もちろん、RVパークを併設している道の駅なら、その箇所に正々堂々と車中泊ができます。

画像2: チェックポイント① その場所が車中泊可能かどうか

注意が必要なのは、大きな公園や観光施設などの一般駐車場。とくに海岸や登山口の駐車場は、一般の駐車場のように見えても、私有地の場合もあります。また車中泊が禁止されていたり、夜間はクローズしていたりとさまざま。

なのでまず、車中泊場所にしたい駐車施設で、車中泊をしていいのかどうかを調べておきましょう。公に車中泊がOK、または仮眠レベルならOKという場所なのか、確認しておくことが大切。

事前にしっかりと調べ、車中泊の可否が確認できない場合は、その場所は避けるのが無難です。

チェックポイント② トイレの有無

画像: チェックポイント② トイレの有無

そして、次に確認しておきたいのが、それらの場所にトイレはあるか? ということ。就寝前も起床後も、車中泊地のそばにトイレがないのはかなり不便。車中泊場所選びの必須条件といってもいいでしょう。

またトイレの有無はもちろん、そのトイレがきれいかどうか、水洗かどうか、洋式か和式かも、女性や子どもと一緒に車中泊旅をするなら、チェックしておきたいポイント。

チェックポイント③ コンビニや入浴施設などの有無

画像: チェックポイント③ コンビニや入浴施設などの有無

食事や日用品などが買えるコンビニ、体を清潔に保つ入浴施設が車中泊地の近く、またはルート上にあると、車中泊旅の安心感と快適度がアップします。こちらも事前に確認を。

ただし、コンビニであっても地方の場合、夜間はクローズしてしまうことも。またこのご時世、時短営業を行っているところもあるので、営業時間も合わせて調べておきましょう。

チェックポイント④ 現地は明るいうちに確認しよう

画像1: チェックポイント④ 現地は明るいうちに確認しよう

①~③の情報は事前に収集ができますが、現地で確認したいこともあります。それは、車中泊地となる駐車場内での車を止める場所。

最も重要なのは、傾斜のない平らな場所を選ぶこと。傾斜していると快眠することはでいないので、ここはしっかりこだわって。

またトイレや売店など共有スペースに近い場所も、騒々しくて落ち着かないことがあるので要注意。

画像2: チェックポイント④ 現地は明るいうちに確認しよう

ほかにも、
・地面にタイヤ痕がある=夜間、改造車などのたまり場になっている可能性
・出入り口付近=車の往来が多く、走行音が気になる
・樹木や電線の下=鳥のフンや樹液でクルマが汚れやすい
など、現地で確認のうえ、車中泊場所を選びましょう。

こういった現地チェックは、原則として明るいうちに。早めに到着して、下見をする余裕のあるスケジュールを組み立てるのがおすすめです。

出典:全国車中泊コースガイド秋-冬

This article is a sponsored article by
''.