ダイハツの軽自動車「タフト」の試乗インプレッション。装備類、走行性、ラゲッジ展開、シートアレンジなどを、車中泊専門誌『カーネル』編集部が解説。タフトの性能や魅力を、車中泊やアウトドアでの使用を踏まえつつ紹介。

もっと出かけたくなる「バックパック・スタイル」

画像: 全体的なボディフォルムから細かなディティールまで、「四角」をコンセプトにデザインされていることがよくわかる。

全体的なボディフォルムから細かなディティールまで、「四角」をコンセプトにデザインされていることがよくわかる。

もはやひとくくりにするのは無理だろう。そう思わせるほどさまざまなカテゴリーが登場している「軽」のなかでも、今回紹介するダイハツ・タフトは特にいま注目度が高いクロスオーバーというジャンル。

タウンユースはもちろん、多くの荷物が積めて、ちょっとした悪路なら気にしない。そんな使い方は車中泊愛好家の多くが望んでいるだろう。

いうまでもなく、このジャンルをけん引したのはスズキのハスラー。車中泊目線で見ても、どちらを選ぶか迷うんじゃないだろうか?

そこで今回は、タフトの魅力と性能を、アウトドアや車中泊での使用を踏まえつつ、紹介していこう。

画像: 特徴的なのが意外に腰高に見えるバンパーまわり。

特徴的なのが意外に腰高に見えるバンパーまわり。

そもそもタフトの開発コンセプトは“バックパック・スタイル”。つまり、アウトドアでの使用を考えてつくられているので、使い勝手が悪いわけがないのだ。軽ならではの軽快さと、高い積載量を誇るラゲッジスペース、そして走破性という3点を、バランスよく融合させている。

実際にシートに座ってまず驚いたのがスカイフィールトップの開放感と気持ちよさ! これが標準装備というからうれしいじゃないか。

さらに走り出して感じる運転のしやすさ。NA(ノンターボ)、ターボともに、街中での走りに問題はない。長距離のクルマ旅や高速道の使用を考えると、DCVTが気持ちいいターボをファーストチョイスにしてもいいだろう。

チェック! 装備類

画像: スカイフィールトップは開閉できるシェード付き。外がまぶしいときや目隠しにとてもありがたい。

スカイフィールトップは開閉できるシェード付き。外がまぶしいときや目隠しにとてもありがたい。

前列シートの上部ルーフに標準装備されたスカイフィールトップ。タフトの代名詞ともいえるだろう。これを標準装備にしたところに、ダイハツの心意気を感じる。窓のように開閉はできないものの、室内が明るくなり視野が大きく広がり、あたかもオープンエアを思わせる雰囲気がある。

画像1: チェック! 装備類

ドライバーズシートは左右のウォークスルーをあえて採用せず、センターコンソールで「囲われ感」を出した。インパネ全体にも、ボディフォルム同様に「スクエア」なデザインが踏襲されている。

画像2: チェック! 装備類
画像3: チェック! 装備類

使い勝手のいい収納スペースやフックなどが車内の至るところに設けられている。センターコンソール、ドリンクホルダーは車中泊をするうえで荷物をスッキリかつコンパクトにまとめるための必須スペース。アッパーボックスは見た目以上に大きく広い。

画像4: チェック! 装備類

電源はDCとUSBを装備しているので多くの製品に対応できて安心だ。

チェック! 走行性

画像1: チェック! 走行性

新たに採用された軽量かつ高剛性のDNGA新世代プラットフォームによる安定した走行性と、発進時の加速が滑らかで力強いTD-CVTDの組み合わせは、運転していて楽しいと思わせるクルマだ。上り坂の発進も出遅れずにスムーズ。

画像2: チェック! 走行性

今回試乗したのはGとGターボの2グレード。写真はNAのGで、エンジンはKF型658cc。

画像3: チェック! 走行性

装着するタイヤサイズ165/65R15。190mmの最低地上高と、タイヤの空転を制御するグリップサポートも装備され、ちょっとした悪路の走行は気にならないだろう。

燃費は、2WDのターボモデルでWLTCモードは20.2㎞/ℓと、お財布にやさしい。

気になる車中泊やアウトドアでの使い勝手は?

画像: 気になる車中泊やアウトドアでの使い勝手は?

アウトドア好き、車中泊好き、またキャンプ+車中泊を行うことも多いと思われるSOTOBIRA読者にとって気になるのは、なんといってもラゲッジスペースの広さと使い勝手、シートアレンジだろう。

バックパック・スタイルならではの多彩なアレンジは、下のラゲッジとシートアレンジチェックを見てもらうとわかるとおり、さまざまな荷物に対応が可能だ。

前席のヘッドレストを外してシートを後方にリクライニングして水平にすれば、後席と一体化できるうえにシートの凸凹も少ないので車中泊には便利。

さらに伝えたいのが、もうワンランク上の空間づくりの方法。さきほど一体化した後席の背もたれを、前方に倒してみよう。そうすると奥行きがさらに広がって使い勝手がアップ! この奥行き重視のアレンジは、下の写真でチェック!

チェック! ラゲッジ

シーンに合わせてスペースを自在にアレンジ。4名乗車、3名乗車+長い荷物、2名乗車+大型の荷物とアレンジできるのは当然。フレキシブルボードがさらに「いい仕事」をしてくれる。

画像1: チェック! ラゲッジ
画像2: チェック! ラゲッジ
画像3: チェック! ラゲッジ

室内幅1,305mm、室内高1,270mm、後部座席を前に倒した際にできる最大の奥行きは1,300mm。これがラゲッジスペースの最大サイズとなる。

画像4: チェック! ラゲッジ

高さ調整が可能なフレキシブルボード。床下収納としてだけでなく、ラゲッジの底面を標準より下げることで、さらなるラゲッジスペースのアレンジが可能。

チェック! シートアレンジ

画像1: チェック! シートアレンジ
画像2: チェック! シートアレンジ

前席のヘッドレストを外していっぱいまでリクライニングすれば、後部座席の座面と一体化することができ、これで2名までの車中泊スペースが確保できる。一体化したシートは多少の凹凸ができてしまうので、平らにするためのクッションやマットが必要になる。

奥行き重視なら、このアレンジが ベスト!

画像1: 奥行き重視なら、このアレンジが ベスト!

シートアレンジで一体化した後席の背もたれを、前方に倒してみよう。そうすると奥行きがさらに広がって使い勝手がアップ! 実際に寝てみると、ラゲッジスペースとの溝(隙間)が気になってしまう。このシートアレンジで寝るには、この溝を埋めて平らにするためのクッションなどが必要だ。

 

画像2: 奥行き重視なら、このアレンジが ベスト!

ダイハツ タフト SPEC.(Gターボ2WD)

●全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,630mm ●車両重量:840kg ●ホイールベース:2,460mm ●最小回転半径:4.8m ●エンジン:0.658ℓ直列3気筒DOHCターボ ●最高出力:47kW(64ps)/64000rpm ●最大トルク:100N・m(10.2kg/m)/3600rpm ●WLTCモード燃費:20.2m/ℓ ●問い合わせ:ダイハツ ☎0800-500-0182

価格:1,353,000円~1,732,500円 

写真:佐藤正巳
出典:カーネル vol.47 2020秋号

購入はこちらから!

This article is a sponsored article by
''.