夏の車中泊場所におすすめな標高1000m以上のRVパーク2施設と、標高700m以上のRVパーク9施設を紹介。標高が上がれば気温が下がるので、平地よりも涼しく快適! さらに車中泊が正式に認められているRVパークなので、安心、快適に車中泊ができる!

快適設備に加え涼しさも得られる、まさに「車中泊の聖地」⁉

24時間利用可能なトイレや、場所によっては入浴施設や飲食店などを備えるRVパークは、快適な車中泊や仮眠ができるスポットとして人気が高い。

そんな車中泊にうってつけのRVパークだけれど、夏の車中泊はどうしたって暑い……。そこで、「標高1000m前後」をキーワードに高所のスポットを探してみた。

一般的には標高が100m上がるごとに、気温は0.6℃下がるといわれている。その理論でいうと、平地が最低気温26℃の熱帯夜でも、標高1,000mなら14℃とかなり涼しい!

★関連記事→標高が高いと、どれだけ涼しくなるのか

現在、全国各地にRVパークは155件(2020年5月末現在)あるが、1000m以上に位置する施設は意外と少ない。交通の利便性が低いので仕方ないけれど、だからこそ貴重! そして合わせて、標高700m以上にあるRVパークも紹介。今からそんなレアスポットをチェックしておこう。

**こちらの記事もチェック!**

夏でも絶対に涼しい⁉ 標高1000m以上のRVパーク

現段階では2スポットが登録されている。猛暑でも涼しく快適なRVパークをチェック!

標高約1052m! サクラリゾート

画像: 標高約1052m! サクラリゾート

山梨県・韮崎ICから15分ほどと、アクセスのよいトータルリゾート内のRVパーク。サクラリゾートにはホテルのほか、コテージ、キャンプ場、大浴場、ドッグランといった、様々な施設が備わっている。

30分圏内には白山温泉や韮崎大村美術館と見どころもいっぱい。また釣りや登山などのアウトドアも楽しめるとあって、このRVパークを拠点に数日間滞在するという過ごし方もおすすめだ。

利用できる車両サイズは、軽キャンパーからフルコンまで、様々なタイプに対応。また施設内では有料で、テニスコートやフットサルコート、夏季はプールなどのオプションプランが充実している。楽しみがいろいろと用意されているので、ファミリーで訪れるのもおすすめだ。

【DATA】
山梨県甲斐市亀沢6949
☎055-260-3100 

標高約1201m! 八ヶ岳高原「原村」もみの木

画像: 標高約1201m! 八ヶ岳高原「原村」もみの木

全国から天文ファンが訪れるイベント「星まつり」(2020年は中止)が行われる原村。その標高約1200mに位置し、「日本で一番星空に近いRVパーク」といわれている。高所なだけに真夏でも涼しく、ぐっすりと快眠できるだろう。

通常のRVパークの駐車スペースは電源付きだが、こちらには電源なしのリーズナブルな「車中泊サイト」(1500円)が用意されている。入浴施設はRVのすぐそばにある「信州原村八ヶ岳温泉もみの湯」へ。大浴場や露天風呂、サウナがあるので、疲れた体をゆっくり癒そう。

八ヶ岳周辺という美しい景観によって、大自然を満喫しつつ車中泊を楽しめることもあり、1泊ではもったいないほどの環境だ。

【DATA】
長野県諏訪郡原村字原山17217-1729
☎0266-74-2311 

標高700m以上のRVパーク

標高1000mまではいかないけれど、標高700m以上のRVパークは9施設! 

★こちらもチェック→「夏の車中泊を快適にする! 暑さ対策5つの基本

約860m だいくら(福島県)

福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-27
☎0241-64-2355

約772m 応徳温泉 道の駅六合(群馬県)

群馬県吾妻郡中之条町小雨21-1
☎0279-95-3722

約705m 赤岩の里(群馬県)

群馬県吾妻郡中之条町赤岩195番地
☎0279-95-3008

約730m 道の駅こすげ(山梨県)

山梨県北都留郡小菅村小菅村3445番地
☎050-5897-9881

約829m 道の駅 南きよさと(山梨県)

山梨県北杜市高根町長沢760番地
☎0551-20-7224

約896m 木曽ふるさと体験館(長野県)

長野県木曽郡木曽町新開6959
☎0264-27-1011

約960m 美肌温泉 ゆーとろん(長野県)

長野県諏訪郡原村字原山17217-1729
☎0266-62-8080

約805m 鬼無里の湯 ホテル&コテージ(長野県)

長野県長野市鬼無里日影8855
☎026-256-2140

約750m ゆとりすと(高知県)

高知県長岡郡大豊町中村大王4037-25
☎0887-72-0700

文/赤坂太一
出典/カーネル2020夏号vol.46

**こちらの記事もチェック!**

購入はこちらから!

This article is a sponsored article by
''.