ナッツRVが製造している日産・NV200バネットベースの車中泊カーが「キャネル」だ。名前の由来は、「クルマで寝る」。だったら『カーネル』の社有車は「キャネル」しかないでしょ!? 「キャネル」活用連載2回目は見慣れない装備類を勉強してきたよ。

連載vol.2 NV200ベースの車中泊カー「キャネル」の装備類ってどう使うの?

画像: NV200ベースの車中泊カー「キャネル」がカーネル編集部にやってきた。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」がカーネル編集部にやってきた。

2019年11月。社有車としてNV200ベースの車中泊カー・キャネルが配備されてから、早3カ月が経過。福岡から東京まで自走したクルマ旅は、たった2~3日だったにもかかわらず、波乱万丈の内容だった(連載第1回)。

その後、打ち合わせやイベントの機材車、そして移動編集部として、本当にいろいろ助かっている。もはや「相棒」と呼べるほどだが、実際のところ使いこなしているとは言い難い。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」の使い方を教えてくれたのは……

画像: ナッツ神奈川店にお邪魔して、キャネルの使い方をレクチャーしてもらった。

ナッツ神奈川店にお邪魔して、キャネルの使い方をレクチャーしてもらった。

そこで今回お邪魔したのが、ナッツ神奈川店。キャネルを販売するナッツの、プロフェッショナルの皆さんに、キャネルの使い方をもう一度教えてもらおうという魂胆だ。

だって、スイッチ類が多くて、結局まだわかってない……。後部座席にあるテレビもずっと黒くて映らない。そんなカーネル編集部の悩みを聞いてくれたのが、ナッツ神奈川店に勤務する高橋聡さん(41歳)。

画像: NV200ベースの車中泊カー「キャネル」の使い方を教えてくれる、ナッツ神奈川店勤務の高橋 聡さん。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」の使い方を教えてくれる、ナッツ神奈川店勤務の高橋 聡さん。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」の電源&スイッチ類の使い方

まず、もっとも理解できていなかった電源&スイッチ類から質問。大きく分けて3系統あるとのこと。電源&スイッチ類

「サブバッテリーの主電源のスイッチと、インバーターのスイッチ、そしてFFヒーターのスイッチは、それぞれ独立しています」

画像: スライドドアの横にある重要な装備。一番上が主電源、中央がサブバッテリーの状況を確認する液晶画面、一番下が車内のAC電源。

スライドドアの横にある重要な装備。一番上が主電源、中央がサブバッテリーの状況を確認する液晶画面、一番下が車内のAC電源。

画像: 下側にあるのがインバーターのスイッチ。

下側にあるのがインバーターのスイッチ。

車内灯や100VのAC電源などを使う場合は、まず主電源のスイッチをオンにする。「インバーターのスイッチをオンにすると、テレビに付属するチューナーが使用できます」

注意点としては、テレビを見るには主電源をオンにして、インバーターもオンにしないと番組が見られない点だ。外付けされている別チューナーでチャンネルを操作するのだが、このチューナーはインバーターを介しているという。なので、インバーターのスイッチをオンにしないと見られないというわけだ。

画像: 後部のテレビには別途チューナーが付属。チャンネル設定を、旅先で随時する必要はなく、電波を自動感知して変更。インパネのテレビとは連動していない。

後部のテレビには別途チューナーが付属。チャンネル設定を、旅先で随時する必要はなく、電波を自動感知して変更。インパネのテレビとは連動していない。

そうか! だからこれまでずっとテレビが映らなかったのだ。「FFヒーターの電源も独立していて、主電源とインバーターがオフでも、FFヒーターは単独で使用することができます」

このFFヒーターは、年越し車中泊イベント「キャンプジャパン」に参加した時も使用していたので、なんとく理解していた。いやー、あの時はFFヒーターのおかげで、本当にホカホカで寝られたんだよな。

画像: サブバッテリーから接続されている車内灯とそのスイッチ類。明るさを絞りで無段階に調整することも可能。

サブバッテリーから接続されている車内灯とそのスイッチ類。明るさを絞りで無段階に調整することも可能。

画像: ルーフ部にも車内灯がある。

ルーフ部にも車内灯がある。

ちなみに、主電源の下にある液晶画面は、いったい何を表示しているのだろうか?

「これはサブバッテリーの充電状況を見るものです。いま何%充電されていて、どれだけの電力を使っているのか? がリアルにわかります」

確かにサブバッテリーの状況がわからないと、電気を使い切ってしまいそうで少しこわい。サブバッテリーの充電がなくなってしまったら、FFヒーターもテレビも使えない。冬場の車中泊でFFヒーターをあてにして、あまり装備を積んでいなかったら、本当に凍えてしまう。

画像: サブバッテリーを装備する車中泊カーの、伝家の宝刀といえばFFヒーター。

サブバッテリーを装備する車中泊カーの、伝家の宝刀といえばFFヒーター。

画像: FFヒーターがあれば、冬場の寒い時期でもボタンひとつで、ホカホカ車中泊が実現してしまうのだ。

FFヒーターがあれば、冬場の寒い時期でもボタンひとつで、ホカホカ車中泊が実現してしまうのだ。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のシートアレンジは?

さらに、シートアレンジについても聞いてみる。セカンドシートの座面を動かすのが少しかたい!? とか。同じくセカンドシートの座面を通常仕様に戻すときに、シートベルトのバックルをうまく引っ張らないといけない……とか。

「慣れもありまして……(笑)」

そうか! もっともっと使って、慣れるようにしよう。

画像: NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のシートアレンジを学ぶ。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のシートアレンジを学ぶ。

シートアレンジは多彩! 2列目シートは座面と背もたれがそれぞれ180度可動することで、前向き、後ろ向き、フラットに変更できる。さらに、リアラゲッジ側のクッションを移動することでフルフラットや対面対座仕様となる。

画像: NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のシートアレンジは3形態ある。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のシートアレンジは3形態ある。

シートアレンジ3形態。まずはフルフラット! まさに車内ベッドで寝心地抜群。床下の冷蔵庫は移動可能。

画像: お座敷モード。

お座敷モード。

こちらはシートをフラットにしつつテーブルを設置。通称・お座敷仕様。まるで自宅にいるかのように寛げる。

画像: NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のリビングモード。

NV200ベースの車中泊カー「キャネル」のリビングモード。

そして対面仕様。ミーティングや食事などにピッタリの応接室ができあがる。

出典:カーネルvol.45 2020春号

This article is a sponsored article by
''.