「ジャパンキャンピングカーショー2019」取材で、編集部員が注目したモデルを紹介! 「その1」では、車中泊専門誌『カーネル』編集部の2名が個人的に「ぐっときた!」、それぞれ2台、計4台のキャンピングカーを紹介します!

カーネル編集部・ホンマの注目モデル 1

BADEN Grande(バーデン グランデ)karimoku version/トイファクトリー

画像1: BADEN Grande(バーデン グランデ)karimoku version/トイファクトリー

おもに、バンコンを中心としたキャンピングカーの製作を行っている「トイファクトリー」。国内業界初のキャンピングカー用ソーラーパネルシステムを手がけるなど、業界を支えてきたビルダーのひとつだ。そんな同社と、国産老舗家具メーカー「カリモク家具」がコラボレーション! 超プレミアムな限定生産モデルが誕生した。

画像2: BADEN Grande(バーデン グランデ)karimoku version/トイファクトリー

トイファクトリーのベストセラーモデル「BADEN(バーデン)」をもとに製作され、車内にはカリモク社製の家具を設置。ウォルナット無垢材と呼ばれる木材を使用した家具が、車内とは思えない落ち着いた雰囲気を演出している。シートとベッドには、耐摩耗性、難燃性に優れたモケット生地を採用。高い機能性を備えながら、肌ざわりがいいという点も特徴だ。

画像3: BADEN Grande(バーデン グランデ)karimoku version/トイファクトリー

ベッド下のラゲッジスペースは、幅860×高さ750×奥行1,630mmの広さ。助手席側のリア後部には、引き出し式ネットラック、電子レンジの収納スペースなどを確保。運転席側リア後部の収納棚も使いやすい。車内外から荷物が取り出しやすい構造になっている。

カーネル編集部・ホンマの注目モデル 2

ルネッタ/バンテック

画像1: ルネッタ/バンテック

様々な独自機構により、運転しやすく、安全性の高い車両製作を追求する「バンテック」。余裕のあるディスプレイがされたブースには、人気モデルの「ジル」や「シーダ」など、多くのキャンピングカーが並んでいた。しかし今回、私ホンマが注目したのはスズキ・エブリィワゴン(ハイルーフ)がベースの軽キャン「ルネッタ」。なぜなら、外観からは想像もできない、驚きのベッド機構が採用されていた!

画像2: ルネッタ/バンテック
画像3: ルネッタ/バンテック

車内を覗くと、真っ先に目に飛び込んできたのが、天井に設置された「プルダウンベッド」だ。これは「ルネッタ」にオプション設定されたもので、通常時は車内天井にピッタリと収納可能。ベース車両がハイルーフモデルのため、収納した際の頭上の圧迫感も軽減されている。展開方法はサイドのレバーを操作するだけ。女性や子どもでも簡単に二段ベッド仕様にすることができる。

画像4: ルネッタ/バンテック

車内レイアウトはシンプルで、スッキリとした印象。限られた空間をうまく使い、収納棚やギャレーのほか、テレビアーム(オプション)なども設置可能になっている。さらに、FFヒーターやサイドオーニング、シェードなど、車中泊にあると便利なオプションも幅広く用意されている。
ぜひとも一度、この2台でクルマ旅に出てみたい!

カーネル編集部・ヨコヤマの注目モデル 1

SEDONA TYPE III/セドナ

画像1: SEDONA TYPE III/セドナ

ザ・キャンピングカーといったモデルだけでなく、内装に板張りを施していたり、外装もイメージチェンジを図っていたりと、個性的なモデルも目立った今回のキャンピングカーショー。そのなかでも目を引いていたのが、「SEDONA(セドナ)」のバンライフシリーズだ。

バンライフとは、アメリカ発のムーブメントで「クルマで旅するように生活」をすること。スタイリッシュでおしゃれな見た目もあり、いま日本でも注目を集めているスタイル。
「SEDONA TYPE III」もバンライフをテーマに製作されており、クルマのインテリアデザインや内装架装などの製造、販売を行う、ワークヴォックス社が手がけている。

画像2: SEDONA TYPE III/セドナ
画像3: SEDONA TYPE III/セドナ
画像4: SEDONA TYPE III/セドナ

もう、このインテリアにぐっときてしまった! 個人的に古材やアイアンを使った家具が好きなのだけれど、「SEDONA TYPE III」のこの内装がまさにそれ。フロアや天井の内張り、ベッドやサイドキャビネットなどに無垢の木が採用されていて(一部除く)、随所にアイアン素材が配されている。重量が気になるところではあるけれど、このインダストリアルな感じがすごく好み! リアの引き出し収納&スライドアウトテーブルも、キャンプ場での車中泊で雰囲気よく使えそう。

画像5: SEDONA TYPE III/セドナ

セカンドシートは3人掛けのバタフライシートを採用。シーンによって前向き、後ろ向き、ベッド、格納モードに。ちなみにフロントシート、セカンドシート、リアマットの生地は8色から選ぶことができるのもうれしい。ベースはハイエース バンで価格は398万円〜(税別)。

全体的に雰囲気よしで、「こんなクルマでロングステイの車中泊旅に出てみたい」と、妄想が膨らむ一台だった。

画像6: SEDONA TYPE III/セドナ
画像7: SEDONA TYPE III/セドナ

また、こちらはジャパンキャンピングカーショーで初お披露目となった「SEDONA LAKESIDE」。無垢の木を使用したナチュラルブラウンとホワイトのカラーリングで、落ち着きのある空間。温かみのある雰囲気がいい。

カーネル編集部・ヨコヤマの注目モデル 2

ブギーライダー/ATV群馬

画像1: ブギーライダー/ATV群馬
画像2: ブギーライダー/ATV群馬

こちらは外観にぐっときた一台。スズキ・エブリイをベースにした軽キャンピングカー「ブギーライダー」。ドレスアップメーカー「BLOW」とコラボして製作されたモデルで、アメリカのスクールバスのような外観が、なんともかわいい。フェイスキットやリアキット、リアゲートパネル、外装キット塗装などが標準装備となっている。

画像3: ブギーライダー/ATV群馬
画像4: ブギーライダー/ATV群馬

シンプルで広々と使えそうな車内インテリアも好印象。2名就寝が可能なベッドキットは標準装備で、生地は10色から選ぶことができる。そしてナチュラルな風合いのサイドキャビネットやテーブルはオプション設定。こちらのウッド調シートは2タイプから選択可能。個人的には古材風が好み。

オプションでFFヒーターやサブバッテリーシステム、ソーラーなども追加でき、車中泊カーとしても十分快適に使用できる。

ジャパンキャンピングカーショー2019の誌面レポートは『カーネル』2019年春号vol.43で!

2019年3月9日発売予定の『カーネル』2019年早春号vol.43にて、ジャパンキャンピングカーショーの取材レポート掲載予定! 

ジムニーやラングラーなどの車中泊モデル、さらにはいま注目の軽トラキャンパーも登場。【ジャパンキャンピングカーショー2019】編集部員レポートその2はこちらから!

This article is a sponsored article by
''.