全国各地に点在する駐車場や空き地を、車中泊場所やテント泊スポットとして「貸し出し」、「利用できる」シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」がスタート! 車中泊場所探しに便利な「Carstay(カーステイ)」のサービス内容を紹介しよう。
画像1: 全国の駐車場や空き地が車中泊場所に! シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」がスタート

安心、手軽に車中泊可能な場所が見つかる、新たなサービスが登場!
カーステイ株式会社は2019年1月30日、全国各地に点在する駐車場や空き地を、車中泊やテント泊スポットとしてシェアできる「Carstay(カーステイ)」をスタート。空き地などを有効活用したい所有者と、気軽に車中泊場所を利用したい旅行者をマッチングさせる画期的なシェサービスだ。

画像: 車中泊場所の予約画面

車中泊場所の予約画面

駐車場や空き地を有効活用したい所有者は、そのスポットを「Carstay(カーステイ)」に登録することで、旅行者に車中泊/テント泊スポットとして貸し出すことができる。登録の必要条件は、クルマ1台分のスペースに年に1度は泊まることができ、24時間使用できるトイレが500m以内にあること。利用料金も500円〜(上限設定なし。税込)と、所有者が設定可能だ。

画像2: 全国の駐車場や空き地が車中泊場所に! シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」がスタート

旅行者は「Carstay(カーステイ)」のウェブサイトから、登録された車中泊/テント泊スポットを検索、予約でき、決済、評価を行うことができる。スポットへのチェックインは、駐車場や車両、コーンを撮影し、画像を送付するだけと手軽なのもうれしい。なにより、正式に認められた場所で車中泊ができるという安心感も高い。

さらに、所有者と利用者は、三井住友海上火災保険に加入している「車中泊保険」を付保することができるのも特色のひとつ。設備の破損や利用中のケガ、利用者同士のトラブルなどを保証してくれる。

現在カーステイには、全国各地の一般家庭やRVパーク、ゲストハウス、ゴルフ場などの所有者が登録しており、5年後には車中泊スポット1,000カ所の登録数を目指すとのこと。安心、手軽な車中泊場所探しのサービスとして、今後の動向にも注目だ!

画像3: 全国の駐車場や空き地が車中泊場所に! シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」がスタート

This article is a sponsored article by
''.