快適性に定評のあるREVO製シートを採用し、安全性に考慮したレッグ、レールを装着することで、乗用車登録を実現

車中泊旅で快適に過ごすため、そして寝るために製造されたキャンピングカー。いつか手に入れて、日本一周の旅に出てみたい!なんて思いませんか?
そんなアナタのために、キャンピングカーメーカーが手がけた装備充実の一台を紹介! バンコン、キャブコン、フルコン、軽キャンなどなど、気になるモデルをチェック!

ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン

ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン
ベッド時にはフラットな形状のREVOシートだが、走行時のホールド感も十分

このハイエース、一見するとゴージャスなシートを2〜3列目に採用している、とだけ映るかもしれない。だが、ダイレクトカーズが製作したスーパーGLダークプライムベースの「フューチャーフリーワゴン」は、貨物車両から乗用登録を可能にした車中泊車なのである。

画像1: ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン

標準ボディは4ナンバーから5ナンバーへ、ワイドボディは1ナンバーから3ナンバーの乗用車登録になるのだが、これでどういうメリットが?と思うだろう。

ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン
セカンドシートとサードシートをフルリクライニングすれば、大人2名が手脚を伸ばして寝られる。車中泊の快適性も申し分なし!

まず1年車検が2年ごとの車検になって、面倒さが減る。またワゴンGL/DXやグランドキャビンには設定のない、両側スライドドアが標準装備でき、ディーゼルエンジンをチョイスすることが可能になる。

ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン
セカンド&サードシートをたたんで前にスライドさせると、広々とした荷室に

加えて乗車定員を4〜10人で自由に設定でき、ETCは普通乗用車の 料金枠に。LT用しか選べなかったタイヤが、乗用車用の豊富な選択肢から選べる。とにかくメリットがいっぱいのモデルなのだ。

画像2: ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン

ダイレクトカーズ フューチャーフリーワゴン

●価格:3,790,000円(税別)〜
http://future.cars-drt.com/

※こちらの記事は車中泊専門誌『カーネルvol.39』の内容を一部抜粋、再編集したものです。詳細は誌面をご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.