車中泊旅で快適に過ごすため、そして寝るために製造されたキャンピングカー。いつか手に入れて、日本一周の旅に出てみたい!なんて思いませんか?
そんなアナタのために、キャンピングカーメーカーが手がけた装備充実の一台を紹介! バンコン、キャブコン、フルコン、軽キャンなどなど、気になるモデルをチェック!

ホワイトハウス Neo

画像1: ホワイトハウス Neo

ホワイトハウス Neo
運転席に付けられた、オプションの回転シートレッグによって、後ろ向きに展開できる。

高機能で低燃費、日本一売れている軽自動車Nボックスをベースとしたキャンパーが登場した。ホワイトハウスがつくった「Neo」がそれ。
このキャンパー、とにかく驚きがいっぱい。コンパクトサイズなのに、ふたりがくつろげるダイネット、そしてふたり用のポップアップテントを同時に使うことができるのだ。

まずダイネット。ホワイトハウスの特許という、オリジナル回転シート(85,000円税別)は、ぐるりと後ろ向きに展開できる。ピラーのステーに折りたたみ式テーブルをセットすれば、後部座席と併せて、3名が座れるダイネットが出現。限定された空間で、快適なダイネットを作れるのは驚きだ。

ホワイトハウス Neo
写真はオプションの折りたたみ式フラットベッド(80,000円税別)。

車内は、助手席側前後シートをフラットにすれば、1名分の就寝スペースは確保できるが、オプションのフラットベッド&マットを使えば、さらに快適にできる。

このオプション、助手席側の後部座席のシートバックに付いたベースを展開してマットを敷けば、たちまちひとり用のベッドに変身する。凹凸のない状態で寝られることこそ、最上の快適といえるだろう。

ホワイトハウス Neo
ルーフ上のテントには大人2名が就寝可能。

ホワイトハウス  Neo
全窓プライバシーカーテンも標準。

ちなみに今回取材したのは「ポップ・ホットパッケージ」という最上級グレード。回転シートとポップアップルーフ、エア(FF)ヒーター、全窓プライバシーカーテン、サブバッテリーなどを装備した、本格的なキャンパーなのだ。

ホワイトハウス  Neo

画像2: ホワイトハウス Neo

価格:1,768,000円〜(税別)

■ベース車両:ホンダ N-BOX
■車両サイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,930〜1,955mm
■主要装備(ポップ・ホットパッケージ):ポップアップルーフ、エアヒーター、サブバッテリー、走行充電システム、DC室内ソケット、室内照明、プライバシーカーテン
■オプション:折りたたみ式フラットベッド(80,000円)、フラットベッドマット(20,000円)など
http://www.whitehouse.co.jp/camper/

※こちらの記事は車中泊専門誌『カーネルvol.40』の内容を一部抜粋、再編集したものです。詳細は誌面をご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.