車中泊必須ギア5選! 乗用車で心地よく眠るなら、最低限コレを用意するべし!

1-1-1

今、新しいクルマ旅のスタイルとして、大きな注目を集めている車中泊。

車中泊というとキャンピングカーを思い浮かべてしまいますが、一般乗用車でも工夫次第で、車内で快適に眠ることができるのです!

こちらの記事では車中泊ビギナーのために、まず揃えておきたい車中泊必須ギアを紹介。劇的に変わる車中泊の「質」を実感してみて!!

 

車中泊で快眠するなら、まずはこのギアを揃えよう!

一般乗用車の車内で快適に眠るには、これから紹介するギアを揃えるほか、そのギアをどう使うかのテクニックも重要。下記の記事も参考に、車中泊の快眠を手に入れましょう!

それでは車中泊必須ギアを紹介します!

こちらもCHECK!

→SOTOBIRA『一般車で安眠するための カラダ水平アイデア選手権!』

 

1)タオル・ブランケット類

1-2-1

タオル、毛布、ブランケットなど形が自在になりクッション性のある布製品は、“車中泊の魔法の道具”とも呼ばれるアイテム。

倒したシートの段差やすき間に重ねて置けば、シートがフラット化して寝やすくなるほか、シーツ代わり、防寒、目隠し、枕など、様々なことに使えます。

人数分より多めに用意しておくのがおすすめ!

 

2)マット類

1-3-1

寝床にクッション性をプラスし、倒したシートのフラット化にもひと役買ってくれるマット類。

銀マットは安価でカットできるなど、使い勝手もよいのがポイント。

エアマットは銀マットより価格が高めですが、クッション性、

断熱性が優秀。車種ごとの室内に合うよう設計された専用マットもリリースされています。

 

3)寝袋

1-4-1

車内で使うなら布団よりも、コンパクトに収納できる寝袋が便利。

特に冬は、登山用のハイスペックなマミー型寝袋があると保温性が高く、快適に眠れます。

寝袋ビギナーには布団感覚で眠れる封筒型寝袋もおすすめ。

ゆったり感があり、温度調節もしやすいのが特徴です。車中泊する場所や季節で、適したものを選びましょう。

 

4)シェード、カーテン

1-5-1

公共の駐車場などで車中泊をする際、プライベート性、安全性を高めるためにも用意しておきたいシェードやカーテン。朝日がまぶしくて目が覚める……なんてことも防げます。

DIYもできますが、既製品のほうがフィッティングの精度や性能が高くなります。

すべての窓をふさいでしまうと外の様子がまったくわからなくなってしまうので、気になる部分だけふさぐようにしましょう。

 

5)電池式ランタン

1-6-1

クルマのルームランプも照明になりますが、照らす範囲が十分でなく、バッテリー上がりの心配もあります。

なので夜間の車内を照らす照明として、電池式のLEDランタンを準備しておきましょう。

ベッドメイキング時には、頭に装着して両手で作業ができる、ヘッドライトも活躍します。

ガス、ガソリンを燃料とするランタンは、一酸化炭素中毒や火事の危険があるので、室内での使用は禁止!

 

フラット化、クッション性を高めて、車中泊で快眠しよう!

1-7-1

クルマのシートを倒したままだと、段差やうねりが発生し、そのままじゃとても眠れたものではありません。

その段差やうねりを解消し、フラット化とクッション性をプラスしてくれるのが、タオル類やマット類、寝袋です。

さらに快適な室内空間にするには、シェード類や電池式ランタンも必須。ほかにもミニテーブルやクーラーボックス、ポータブルトイレ、アイマスク、耳栓などもあると便利! ですが、まずは今回紹介した5点を揃えて、快適な車中泊睡眠に挑戦してみてください!

※当記事は車中泊専門誌『カーネル 2017初夏号 vol.35』の内容を一部抜粋したものです

http://www.chikyumaru.co.jp/carneru/

You may also like...