見れば天気がわかる雲シリーズ! Part5「積雲」と「積乱雲」の確認を怠るべからず

2-2

天気の予測に役立つ雲を紹介する新シリーズ、第5弾! 外遊びはもちろんのこと、登山で注意したいのが雨と雷。とくに登山中の落雷は非常に危険です。

では、そんな天候変化にいち早く気づくにはどうしたらいいのでしょう? その答えの一つである「積雲」と「積乱雲」を紹介します!

 

そもそも「積雲」ってどんな雲?

1-3
晴れた日の空に、ぽっかりと浮かぶ綿菓子のような雲。「あー、のどかだなぁ」と、ほのぼのしてしまいますよね。この雲の名は「積雲(せきうん)」。別名「わた雲」とも呼ばれています。

 

積雲は太陽の熱で地面が暖められ、上昇気流が起こることで発生します。青空に浮かぶ積雲は、上空の安定した空気におさえられている状態。通常の陸地では朝にでき始め、昼に大きくなり、夕方に消滅するパターンを繰り返します。

 

積雲が成長すると「積乱雲」に。山では危険!

2-2

 

上空に寒気が入って不安定になると、積雲は垂直に成長します。隆起した頭頂部の形が保たれていれば積雲のままですが、頭頂部が崩れて広がるようになると、「積乱雲(せきらんうん)」と呼び名が変わります。積雲が巨大化した積乱雲の下では、大雨、落雷、突風を伴うので、登山中に出合ったら最も危険な雲、と覚えておきましょう。 

 

積雲から積乱雲へ 成長の様子を見てみよう!

では実際に、積雲から積乱雲にはどのように変化するのでしょう。成長の様子を写真とともに見てみましょう。

(天気入門P23)雲を見れば危険がわかる天気入門

積雲が発生

5-4-4.eps

太陽の熱が地表を暖めて、上昇気流が起きて綿菓子のような積雲が発生。

 

積雲が大きさが増す

5-4-5.eps

積雲がモクモクと成長。大気が安定していると雲頂はこれ以上発達しません。

さらに発達して、積乱雲へ成長

5-4-6.eps

さらに大きくなるのは上空に寒気がある証拠。雲頂は水平方向に崩れ、積乱雲へと成長します。

 

積乱雲が巨大化

5-4-7.eps

積乱雲は巨大化して成層圏まで達することも。雲の一部では降水が始まります。

 

電気を帯び、雷が発生

5-4-8.eps

雲の内部では乱気流が起き、氷の粒子や水粒がぶつかりあって静電気が発生。蓄えられた電気エネルギーが雷となって放電されます。

 

積雲の変化を欠かさずチェック! 積乱雲を見かけたら避難を!

C

山で積雲の形が崩れたり、モクモクと成長していたら、天気急変に備えて山小屋などの避難場所を探しましょう。

さらに積乱雲を見たら、即避難を。登山中に積乱雲の中に入ると、ガスに覆われて大粒の雨が降り、雷が上からも横からも襲ってきて非常に危険です。危険を回避するためにも、積雲の変化にいち早く気づくことが重要です。

You may also like...