コールマン2017秋の新製品を一挙公開!展示会レポート!

4月上旬、都内某所で行われた、「コールマン 2017年秋冬新製品展示会」にSOTOBIRA編集部が潜入! コールマンといえば、多くのキャンパーに愛されるアメリカ発のアウトドアブランド。毎年発表される新製品の数々は、いつも多くの驚きにあふれていましたが、2017年秋冬シーズンの新製品はさらにその上へ!? SOTOBIRA編集部が気になったアイテムをさっそく紹介します!

※記事で紹介している製品は、2017年秋に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。ご了承ください

 

ノスタルジックなデザインとハイスペック素材が融合。
見ためよしなコットンポリのテント!

6741その昔、アメリカで発売されていたテントが日本初上陸! 会場でひときわ目をひいていたのが、こちらの「ビラデルマー リバイバル」。キナリや落ち着いたマリーゴールドのカラーリングと、全高約240cmという大きさ、そしてなんといってもノスタルジックなフォルムがたまりません!
さらに、ベッドをおいてベッドルームとローテーブルを置けるスペースで1ルームながら、ベッドルームとリビングルームのあるスタイルにも。テントとタープが兼用しているため、このテントひとつでノスタルジックキャンプが楽しめます。

6777見た目はノスタルジックですが、テント本体の素材はコットン混紡ポリエステル、フライは耐水圧1500mmの210DポリエステルOX を採用するなど、現代ならではの素材技術を採用。室内空間もかなり広く、快適さとおしゃれさを兼ね備えた注目テントです。数量限定モデル。

6719
■スペック
使用時サイズ:約260×360×240(h)cm
収納時サイズ:約80×45×45cm
重量:約30kg
価格:12万8000円(税抜)

 

使い勝手抜群で人気のトンネル型テント、
秋からは「インディゴ レーベル」も仲間入り!

6710昨年秋冬に数量限定で発売され、大好評だった「トンネル2ルームハウス/LDX(バーガンディ)」に続き、2017年秋冬はインディゴレーベルのトンネル型テントが登場。

6783「IL トンネル2ルームハウス/LDX(デニム)」はバーガンディモデル同様に、4本ポールで設営が簡単ながらも、広い空間をもつテント。デニム柄をまとった独特のフォルムがフィールドで映えます!

■スペック
使用時サイズ:約660×330×200(h)cm
インナーテントサイズ:約300×235×185(h)cm
収納時サイズ:約72×31×31cm
重量:約16kg
価格:8万円(税抜)

 

70年代にアメリカで販売されていたモデルを復刻。
ビンテージ感たっぷり、雰囲気のいい寝袋

6685こちらも数量限定発売の寝袋「ビンテージ スリーピングバッグ」。快適温度が5℃以上の「C5(カラシ)」、快適温度が0℃以上の「C0(トマト)」の2種類をリリース予定。

6690“ビンテージ”の名のとおり、デザイン、素材がなんともクラシカル。飛翔するカモのイラストに、素材は肌面がコットンフランネル、表地がコットンツイルを採用。大きめサイズでふかふか、ゆったり眠ることができます。

■スペック(C5 カラシ)
使用時サイズ:約200×100cm
収納時サイズ:約φ24×54cm
重量:約3.2kg
価格:7980円(税抜)

■スペック(C0 トマト)
使用時サイズ:約200×100cm
収納時サイズ:約φ27×54cm
重量:約3.6kg
価格:8980円(税抜)

モザイクウッド柄が、オトナおしゃれ!
インデイィゴレーベルのテーブル2モデル

6748ハイセンスなデザインが魅力の「インディゴレーベル」からは、テーブル2種もリリース予定。抗菌加工を施したふたつ折り天板には、品がよくおしゃれなモザイク柄が描かれているのがポイントです。写真のサンプル製品よりも、本製品はもう少し茶色みが強くなりそうな気配。このデザイン、SOTOBIRA編集部的にはかなりツボでした!

■スペック(IL リビングテーブル/120プラス〈モザイク ウッド〉)
使用時サイズ:約120×60×40/70(h)cm
収納時サイズ:約60×6.5×60cm
重量:約4.5kg
価格:1万2000円(税抜)

■スペック(IL ミニテーブルプラス〈モザイク ウッド〉)
使用時サイズ:約53×40×23(h)cm
収納時サイズ:約40×6×26.5cm
重量:約1.4kg
価格:5000円(税抜)

 

ホワイト×ネイビーが爽やかなホーロー食器!
キャリーケースのかわいさも注目!

6669真っ白なホーロー食器に、ネイビーのコールマンロゴがすっきり爽やかな印象の4人分食器セット。プレート、ボウル、マグが各4個、セットになったファミリー仕様ながらも、お手頃な価格がうれしい一品。

6665キャリーケース内側にはポップなキャンプマップ柄が描かれており、そのキュートさも魅力。ホーロー食器は単品売りもしています。

■スペック
収納サイズ:約28×28×16(h)cm
重量:約2.2kg
価格:5980円(税抜)

ミニバンでの車中泊にぴったりサイズ!
快適温度は0℃〜、ふたりで眠れる寝袋が登場

6679キュートなホーロー食器セットのキャリーケースと、同じキャンプマップ柄のイラストが内側に描かれた「アドベンチャースリーピングバッグ C0」。ミニバンでの車中泊に対応する幅広サイズの寝袋で、2名就寝が可能。上下を分割して、それぞれを閉じれば、1人用の寝袋としても活用できます。

6680快適温度は0℃以上。車中泊はもちろん、秋冬キャンプや家使いにも活躍するモデルです。中綿はポリエステルで洗濯機洗いがOKなのも便利。

ひとりで設営できる簡単アシスト機能付き!
人気の2ルームテントにバーガンディカラー

6790
広々前室と風に強い設計が魅力の「タフスクリーン2ルームハウス」にバーガンディカラーが追加。家族4〜5人がゆったり過ごせる大きさと居住性をもちながらも、設営しやすいアシストクリップ採用により、ひとりで設営できるのが便利!

6736
強風に強いアルミ合金製メインポールや、雨の日でも設営や撤収がしやすい吊り下げ式インナーテント採用で、荒天時も心強いモデルとなっています。
「タフ スクリーンタープ/400」も、バーガンディカラーが追加されました!

■スペック
使用時サイズ:約540×340×215(h)cm
インナーテントサイズ:約320×230×170(h)cm
収納時サイズ:約30×30×74cm
重量:約16kg
価格:5万4800円(税抜)

あの定番アイテムに新色追加!
昨年のヒットアイテムはさらに進化!

6693コールマンの大人気アイテム、「コンパクトフォールディングチェア」がインディゴレーベルから登場。同じく人気の、3段階リクライニング式「レイチェア」にも新色が追加。どちらもベージュ系のシックなカラーで、どんなキャンプスタイルにもマッチしそう。

6715昨年、リリースされ大ヒット商品となった焚き火台「ファイアーディスク」は、約φ60cmにサイズアップした「ファイアーディスク プラス」が仲間入り。加えて、焚き火中の火の粉の飛び散りを軽減する「スパーク シールド」も両サイズ展開予定。秋の焚き火シーズンを安全に、ますます楽しめそうですね!

※記事で紹介している製品は、2017年秋に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。ご了承ください

You may also like...