川村光大郎直伝!バス釣り達人への道【part2】

i-2

バス釣りがうまくなりたきゃ、ウマい人を真似るのが一番!っていうことで、岸釣り界のトップアングラー、川村光大郎さんになりきるための方法を完全解説する「バス釣り達人への道」の第2回。今回は、光大郎さんの愛車を紹介します。

 

CAR

 

j-1-2

j-2-2

システマチックに整理整頓

ラン&ガンを快適に効率よくするためには、クルマは四駆が絶対。ハイラックスサーフの2段式の荷室の上段にルアーやバッグを並べ、釣りの準備がここでできるようにしている。ゴミ箱もここにあるぞ。下の段にはエレキなどボート関連の道具を収納。

 

k-2

ロッドの収納方法は

コイル式のワイヤーをロッドホルダーに使用。出し入れしやすく、走行中もロッドがズレない。

 

%ef%bd%8c-2

必要なものをチョイス

釣り場に合わせ、必要なものを選んでバッグに収納。荷室前でほとんどコトが済むようになっている。

 

m-2

ブリスター系はまとめる

かさばるブリスターパックは、トートバックにガサッと!

 

%ef%bd%8e

割り箸必須の匂い付け

ワームは、ノリーズのバイトバスリキッドに漬けてある。臭いぞ。

 

o-2

フックケース

フィナのフックはタイプ別にリングでまとめて収納。リングの色で種類がわかるようにしてある。

 

%ef%bd%90-2

シンカー類はたっぷり用

フィナのタックルケースにシンカー類がたっぷり。バーサスの小物ケースに入れ替えて持ち運ぶ。

q

 

ハードルアーはここに

バーサスシリーズの大容量ボックス、VS-8050にハードルアーを収納。ミノー、クランクなど、引き出しごとにタイプを分けている

 

r

ワームは平積み!

型崩れ防止でケースに収納

縦にしたり大量に重ねて収納すると型崩れするので、ワームは何個ものケースに平積みして収納。

You may also like...